三女、学校に行きたくないの巻

   

2018年10月23日(火)

昨夜、「自家製サラダチキン」仕込みながらホラー映画鑑賞。スティーブン・キングの『IT』のリメイク。

別に怖い・怖くないという話よりも、いじめられっ子達の成長譚、負け犬達のワンスアゲイン。現在学校でイヤな思いをしているようなキッズ達にはけっこうオススメなんじゃないかな。

ちなみにサラダチキンでございますが、しおこうじ&コンソメ&乾燥バジルをジップロックに入れまして、そこに皮付き胸肉投入。よく揉んだあと、沸騰した鍋の火を止め、ジップロックを鍋に放り込んだら1時間そのままに。これでサラダチキンバジル風味の完成です。

 

それにしても「学校でイヤな思い」といえば、我が家の三女。いじめられてるとか先生が厳しいとかではなく、なんせ「家に居たいんだもん!」と積極的登校拒否。

「朝も絶対起きたくない!ワタシはとても眠いのよぉ!」って、わかるよわかる。でもみんなそうなんだから、なんとか学校に行ってもらいたいんだよ。というわけで昨夜はカミサンに早めにあがってもらい、三女は20時半に強制消灯。これで朝の辛らさは和らげてやれるだろう。

 

結果、三女は5時半にシャキーン!と起床し(ここまでは成功)、そして高らかに「学校に行きたくなぁ〜〜〜い!」と宣言後にまたゴロゴロ〜ゴロゴロ〜。愛用のハラマキを頭にかぶり、ミッキーとお喋りしながらこちらの言うことは一切無視。しかし当然、集団登校の集合場所まで連れてって置いてきた。ちゃんと行きなさい!

 

ランチ、ちょうど良い感じで営業できました。ありがとうございました。

今日は学校は半ドンで、早くに帰ってきた三姉妹。三女は無理やり連れて行かれたことでパパへの不信感が見てとれるが、そんなもん仕方ないっつーの。

 

昨日三女が書いた「ワタシが学校をキライな理由リスト」によると、「お勉強がキライ800」と書かれている(800はポイント数らしく、ちなみに「ランドセルをせおうのがイヤ」は500)。

お勉強がキライなら学校にいてもしんどかろう。たしかに三女の基礎学力的なものはすこぶる低い、ずっと我々夫婦もほったらかしできてしまい、いまだに「は」と「わ」、「え」と「へ」が区別つかないんだから、そりゃあしんどいわ。

 

ランチ終わってから二人でその「は」とか「を」とか勉強。

が、瞬殺。ばかばか!今寝たらまた夜に目が冴えちゃうでしょうが〜〜〜

 

夜営業、おヒマ。まいった・・・。

次女のバレーボールのお迎えに行くと、お隣のチームとの練習試合中だった。ちょうど次女のサーブが見れたのだが、おっ、連続で決めた!やるじゃないか。

サーブ打つ前にバシバシと床にボールを叩きつけ、「行くぞ!」と相手を威嚇する次女。五郎丸のルーティーンっぽくておもしろかった。しかし逆もやってほしい、「別にやる気ありませんけど〜」からのジャンピングサーブみたいな。「オチ」と「フリ」がわかっている次女なら出来そうだし。

 

閉店後、トレーニング&サラダチキン。アレ?な、なんかすごく減ってるんですけど・・・。

カミサンから「まあまあ美味い。バジルはペーストの方でやってごらん」と言われましたので、今から(22時)挑戦してみようと思います。やってごらん・・・?


 - 未分類