営業時間が変わります。

   

2018年6月9日(土)

そういえば何日か前にzozo suitsが届いてたんだった。

これが果たして本当に「洋服を買うときのインフラ」にまで成るかどうか。単に話のネタとして購入(タダで)しただけで、別にネットで買物がしたいというわけでもないので、届いていたのにほったらかしだった。

 

良くない傾向である。

無気力・無関心・面倒くさい、こういう心理状態が最も俺を腐らせる。「知的好奇心」にも草花と同じく栄養が必要で、定期的にココロに刺激を与えてやらねばならん。もちろん適度な休息も。

正確な身体測定のためのスーツであるから当然ピッチピチ。しかし何回やっても撮影が不具合連発、身体測定が上手くいかんかった。また明日挑戦しよう。

 

ランチ。お客様の数はさほど多くなかったにもかかわらず、ギスギスしたスタッフたち(我々夫婦)のせいでスムーズに作業が出来ず。やはりチームワークの無いお店はダメだな。そういえば近くにあった美味かったうどん屋も、いつもいつも旦那さんが奥さんの事を叱り飛ばしてたなぁ。やっぱり潰れちまったし。

 

ランチ後、草刈り。クルマで通りがかった知り合いに、「なんでこんな一番暑いタイミングで草刈りしてんの(笑)」と茶化される。このランチと夜の営業の間にしか草刈り出来ないんだよなぁ〜。想像力無いんだから、話しかけて草刈りのジャマすんじゃねぇよ。風邪ひけ。

 

夕方、撮影会。

40歳を越えてから、23時までの営業がキツイと感じるようになった。肉体的にも精神的にも。自分の時間もまるで無いし、そして何より娘らとの時間も。

三女はなんとなく「勉強ギライ」の傾向も見えるし、なんとか計算ドリルや音読の時間を一緒に過ごしてやりたい。長女や次女のときに出来ていた事が、三女にはしてやれてない。俺はまだしもなんとかカミサンを早くリビングにあげてやって、娘たちの寝る前の時間を落ち着いた環境にしてやりたい。

そして俺ももっとお仕事のお勉強がしたい。

 

というわけで、けっこう悩んだが営業時間を短縮する事にした。深夜に来る酔っぱらい達は、全部後輩たちのお店にバトンタッチしてあげる事にした。

 

これで安らかな日々が来るはず。そうすれば、もっと精神的に余裕ができれば、その方がむしろ喫茶とおりみちが今よりもイイ店になるような気もするし。

 

これにてひとまず深夜営業終了。

ただ、マスターがタダで営業時間を2時間も短縮すると思ったら大間違いやでな。

来週、新たな企画がスタートだ。それでは今週もお疲れ様でした〜〜〜。


 - 未分類