計画

   

2018年5月8日(火)

朝、デザイナーさんと打ち合わせ。

 

ランチ、昨日はカミサンに迷惑かけまくったので、今日は一生懸命お仕事。まだ体調は戻らないが、がんばるぞ。

 

それにしても連日、アルコールに負けた芸能人が起こした事件がテレビやネットを賑わす。本人は依存症ではないと言っているようだが、周りはそうは思っていないらしい。

他人事ではない。どうやら俺も似たようなモンで、「適量」というコントロールが効かない。これまで酒を飲んできて、一度たりとも「あぁ、丁度イイくらい飲んだな」と思った事がない。

これは習慣的に大量の飲酒をし続けた結果、脳の一部がすでに「死んでいる状態」らしい。延々とアルコールを摂取してしまうという脳機能障害。アルコール依存症の1パターンだ。

 

1杯飲んだらもうおしまい、意識を失うまで飲んでしまう。

俺の爺ちゃんがまさにそんな感じの人で、飲んでは暴れ、朝になれば何も記憶がない。ただ周囲の雰囲気から「あれ?また俺やらかしてしまったのか・・・」と、実際に何をやったかはわからないので本当の意味での反省はしようもなく、その真っ暗闇の罪悪感から逃れるためにまた飲酒・・・。

 

と、これを繰り返すウチにシラフの時間がどんどんと減っていき、起きてる時は常に泥酔。暴言と暴力で、そのころ我々家族はまさに地獄だった。

 

普段は優しいおじいちゃんが酒を飲んで暴れる姿を横で見ながら成長した人間が、なぜ自分もまた同じ轍を踏むのか?

その頃は「絶対に俺は酒なんか飲まないぞ」という決意と、「俺も大人になったらあんな風になるのかもしれない」という不安が日々つきまとった。

 

最終的には監獄のような檻のついた病室で入院した爺ちゃんだったが、しばらくしてガンになり死んだ。正直ばあちゃんは死んでくれてホッとしていたんだと思う。そりゃあそうだ。

俺もこのまま行けば同じルート間違い無し。実は6年前に爺ちゃんのコースに片足突っ込んでいたのだが、なんとかかんとか1年禁酒。それでギリギリ引き返して来れた。

 

それがここ数年、また同じような状況になりそうなのは事実。これは本当にマズイ。

夜、例のS社長ご来店。3時間もこの人の愚痴を聞くのは本当に辛い。これがキツくて飲んでいたのも多分にあるが、ここはぐっと我慢。なんとか飲まずに乗り切ったが、ストレスは溜まる。

 

片付け終わって24時。夕食の時に三女と一緒にした「『と』の付く可愛いモノ」の平仮名の練習ノート。もっと一緒に勉強をしてやりたい。

今日の日記。これは今後俺が行うあるチャレンジへの前フリになっている。絶対に成功させたい。


 - 未分類