2/17の夜は貸切、腕相撲大会です。

   

2018年2月16日(金)

今日は保育園は「お弁当の日」。三女が「仕上げのデザートはワタシが入れるのよぉ〜!」と張り切っている。「これで、このお弁当はワタシが作りました。と・・・」。どうやらこのブログ用にコメントをいただいたようだが、お前の作業はりんごを切っただけであるし、ここ見ている人はみんなお前の事はよく知っているからな。ママが作ってくれたんだから感謝しなさい。

 

ランチタイム終了してから、お客様あり。「ここ、いつも閉まってるねぇ」と言われたが、なるほど、いつも15時過ぎにココを通る人に取ってはそう見えるのは不思議ではない。そうしていると電話がなり「今はお店はやっている時間ですか?」とお問い合わせ。

案外、需要はあるのかもしれん・・・。

 

かつては「アルコール」での売上の出し方しか知らんかったが、最近の営業ではまるで関係ない。お酒を飲んでもらって売上を出す必要が無いのなら、やはり夜は早く閉めてその分夕方もずっと営業するのがお客様の為になるんだろうか?ん〜〜〜

 

「昔は人が寝ている時もずっと働いていた。飲食業というのは・・・」、誰かの言葉が「呪いの呪文」のように俺を縛り付けているような気がする。

 

常連のT先輩と楽しいオシャベリ。ここココ最近の映画情報、アメフト「スーパーボウル」の話など。話題はオールジャンルだが邑南町でこんなトークが出来るのは間違いなくウチだけ、何にも自慢できる事はないが「『文化的なモノ』を語らい合う場」としては県内ならトップレベルだと思う。

奥のお席では、とあるスポーツで県内チャンプの高校生がピザをパクパク喰らってくれている。日体大に進学し、T先輩の後輩になるようだ。このように、体育会系もカバーする文化系喫茶店。これはやはり昼間は閉めずに、エンドレス営業するべきか。

 

夜、満席御礼ありがとうございました。

明日は新庄高校なかよし同窓会の腕相撲大会がありますので、夜の営業は貸切とさせていただきます。優勝できるようがんばってまいりますので、どうか応援よろしくお願いいたします。


 - 未分類