優先順位

   

2017年12月28日(木)

寝ている次女の熱をそっと測ってみると38℃。まだまだ熱はあるけれど、2℃ほど下がった。良くなってきているぞ。

相変わらずカミサンはグッタリしたままだが、せっかくお店は休みにしてあるんだ、しっかり休養してもらいたい。

 

本を返しに図書館へ。こーゆー本を読もうと思った時点で、覚悟が足りない。せこい、セコすぎるぞ俺。

「大いなる無駄」。人生のコクはそんな無駄を通じてこそ味わえると、お前今までしっかり経験してきただろうに。「ちょっとでも得したい」と思いながら過ごす40代が、お前の憧れた40代か?後悔こそが人生よ、40代も失敗を重ねて生きて行こう。本は悪くなかったです。

 

返却すると次の本が待っていた。この冬休みのお楽しみだ。

 

コロと長い散歩。溜まっているラジオを聞きながら。来年は戌年なんだから、おまえをモデルに使うべきだったな。

 

帰ってからようやくクリスマスの片付け。全然カラダの動かないカミサンがついに「マスター、片付けて・・・」と。勝手に片付けて怒られるのが嫌だったが、おっしゃっていただけるなら喜んで。

 

片付けながら今年のベスト映画を考えた。優勝は『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーvol2』。そしてベストアクトは「ヨンドゥ」。

粗野だが優しい父ヨンドゥ。俺も上手く父親業をこなせそうにないが、ヨンドゥのように最期は「結果オーライだ」と思える人生を歩みたい。ヨンドゥは死んだオヤジにもよく似ている。

 

本も映画も、全然な1年だった。さぁこの休みのあいだに一気に取り返すぞとさっき借りてきた一冊を手に取った時。

この本が届いた。『藝人春秋2』、しかもサイン入り・・・。

 

俺がこの日記を書いているのは、思いっきりこの『藝人春秋』の作者の水道橋博士の影響なのだが、その水道橋博士の魂の最新刊。それが突然届いた。

「読んでるだろうけど、送ったよ!」と高校の時の同級生のマサくんからのお歳暮だった。もらってばっかだよ、今年の俺は!ありがとう、大事に読むよ!

 

『40代を後悔しない〜』によると「人生における優先順位をハッキリさせるべき」とあった。なるほど、それはそうだな。今まで「銭、銭」と焦ってしまっていたが、1年振り返ると「自由」「ファミリー」「友達」「筋肉」これらに比べれば「銭」などぐっと下に位置する。

今年の営業をこんなに早く終了してしまったという罪悪感があったけど、おかげで本も読めるしカミサンも休ませてやれる。素直に良かったと思えばイイんだな。

俺の人生の優先順位は守られているんだから。


 - 未分類