長女の誕生日だのに

   

2017年12月22日(金)

夜中何度も目が覚め、その度に熱がないか確認。俺は今日も大丈夫、今のところは。

 

ただ三女は40℃から熱が引かない。やっぱりインフルエンザだろう。本当に申し訳ない。

 

回復し始めたカミサンが、三女を近くの医院へ連れて行ってくれた。しかし、もらったクスリがなかなか効いてくれない。一向に熱が下がらない。

 

夜、ご予約のお客様や一見様。カミサンもフラフラだが、ずっと頑張ってくれた。「インフルエンザ、治ったッスか?」と、営業終了間際にやって来たカズヤには罪は無い。

 

なんとか営業終了。家族一人残らず、疲労困憊。今日は長女の誕生日だったのに、なんのお祝いもしてやれなかった。夕食さえ作ってやれなかった。それどころか、ほとんど顔も見ていない。

 

そういえばお昼、お店はお休みをいただいた。三女も保育園をお休みしたので、週末に持って帰るべき荷物をもらいに、俺が保育園に行った。

 

今日は保育園はクリスマス会だったようで、俺が行った時に偶然たまたまサンタクロース氏がいた。暑いと言っていた。北欧と比べたら日本は暑いですかね。

 

サンタ氏によると、保育園の先生に連れられステージに上がらされたまでは良かったが「ウチには煙突は無いんですが、どうしてプレゼントを持って来れるんですか?」などとという質問攻めにあってマイッタらしい。そんな質問コーナーがあるなら、どうして先に教えておいてくれなかったのか。ちなみに「煙突の無いご家庭には玄関から行きますが、カギが閉まっている場合は外に置いておきます。早朝にお家の方が枕元に置いてくれます」と答えたようだ。

 

園児全員へ一人ずつプレゼントを手渡し、したらしい。それはとても素晴らしい光景で、みんな嬉しそうにしてくれて、サンタ氏も嬉しかったんだと。一人ひとりと写真撮影するのも知らんかった、らしい。

お別れにキッズ達が『あわてんぼうのサンタクロース』を歌ってくれて、嬉しかったってよ。

 

三女にも今日は保育園に行かせてやりたかった。そして長女にもちゃんとお祝いをしてやりたかった・・・。カミサンともギスギスしてるし、この年末に来て、いよいよ家庭が上手く行っていない。

明日はどうなる?


 - 未分類