車が止まっているという事は

   

2016年12月13日(火)

ランチに来てくれた信金の支店長とお話、いろんな事を教えてもらった。「マスター、いつまでココにいてくれる?マスター見てると、なにか、また何処かへ行ってしまうような気がするよ」と言われたが、さあ、どうだろうね。

支店長を皮切りに、今日のランチのお客様は全ておじさん!珍しい日もあるもんだ。普段は女性中心のお店であるが、これはこれで俺も居心地は悪くなかった。

夜は前半はファミリー、後半は若者たち。カミサンも俺もフラフラだが、バレーボールの練習から帰ってきた次女もけっこうグッタリ。ソコへ来て晩御飯の用意は出来てないわ、お風呂掃除はさせられるわで、ついに爆発。そのままトイレに立てこもり大号泣・・・。おぉ、スマンかった。

三女も酒瓶を握りしめ怒りの表情。img_5558勘弁してくれ、12月はこんなもんなんだ。パパもママも頑張ってるじゃないか・・・。

「え〜!今日ってまだ火曜なの〜???」。あぁ、また誰かが文句言ってる、と思ったら絶叫してるのはカミサンだった。「もうカラダがモタない〜〜〜!!!」

最後に入店のお客様から「お店すごい流行ってますね〜。クルマ止めるトコロが無かったですよ〜」と言われたが、そのとおり。そうやって皆さんお車でいらっしゃっているという事は、アルコール類は一切出ていないというわけで。

忙しいのはお料理担当のカミサンばかり。マスターはカミサンの助手として頑張ってはおりますが、儲かっているわけでは全くございませんのよ、トホホ・・・。


 - 未分類