たまには自分の考えも

   

2019年11月23日(土)

朝5時、コロ起床。ワオワオワオ〜〜〜ン〜〜〜ン〜〜ンン〜〜〜って、うるせぇ〜!!!

腹が減っていたらしく、エサをやってお水を飲ませたら静かになった。が、俺の方はもう二度寝はせずに起きる事にした。

 

今日は次女と三女の小学校の「学習発表会」。土曜日だが平日と同じように登校するらしく、二人分の朝食を作っておいた。目玉焼きとソーセージのっけご飯。男子高校生の弁当みたいになってしまった。最近オシャレ朝食をやめているのだが、またいつかそのお話も。

 

次女三女を送ってからは怒涛の仕込み。今日は団体様のご予約があるが、俺もその「学習発表会」を観に行きたいので、急いで段取り。がんばりましたと言っていいでしょう!

 

9時半。とりあえずのところまでで置いておいて、急いで小学校へ。

三女、とても元気いっぱいに台詞&ダンス。他の子たちも、みんなとても良かった。

2年生のお芝居だけ観てお店に戻った。

6年生のお芝居は「ホンが悪いのよ!観に来なくてもイイわ〜」と次女から言われていたので観なかった。だいたい毎年6年生の劇というのは「それまでお勉強してきたことの発表」だから、そもそも面白いものでもない。ただ、「ホン(脚本)が悪い」ってのはあまりイイ言葉じゃあないな〜。誰が教えたのかな〜、エリカ様でもそうそう言わないと思うけど。

 

エリカ様といえば、ここで軽く薬物汚染についての俺の持論を表明しておきたいのだが、俺は一切の薬物には「大反対」の人間である。

よく耳目に触れる「大麻は依存性が低い」という説だが、そんなもんは問題じゃあない。「アルコールよりもタバコよりも健康被害が少ない」とかも聞くけどね。医学的事実がどうあれ、俺は大きらい。

仮にそうだとしよう、身体にはさほど害が無いと。しかし俺が言いたいのは、そこの依存とか健康被害の部分ではない。「違法である」のが大問題なんだよ。

 

「あれ?マスターって、法令遵守タイプだったっけ?」とお思いかもしれないが、そこでもない。子供が生まれてからは、そりゃけっこう法令遵守寄りであるとは思いますけどね。

「違法である」。その事の何が問題かというと、つまり入手が全て「悪い奴からのルート」であるという事だ。大麻が合法的に入手できるカリフォルニアなどとの圧倒的な違いはココに尽きると思う。

 

マーシーはずっと「昨日までやってないだけで、またいつやるかわからない」と言っていた。ダルクの日本代表の人でさえも同じ事を言っている。

悪い奴は、そんな頑張って薬物から逃れようとする人を見逃さない。一度接点を持ったが最後、たとえば運良く塀の向こうに行けたとしても、出てきた時はモチロン、中にいたって「お前のせいで商売がしにくくなったから」とひどい目に合わされる。

 

興味本位とかで帰って来れるようなボーダーラインではない。もし大麻が軽くても、人間はより強い刺激を求めるものだ。コカインくらいなら、シール舐めるくらいならと次第にタガが外れる。安易な一歩は、二度と戻れない一方通行。だから合法的な場所だとしても、俺は絶対に大反対。

昔だったら絶対に考え付きもしない(単にバカだった)点だが、マーシーの事や、そして何より娘を持ってからはこういう犯罪について真剣に考えるようになった。どんな時でも三姉妹の味方には違いないが、出来れば彼女らの人生に全く無関係なオハナシであって欲しいと思う。(あと、ピエール瀧の味方でもあります)

 

で、ランチはずっと満席。ありがとうございました。夜も最後までお客様は途切れる事もなく、ここ最近ご心配をおかけしました「売上」につきましては、今日一日で無事「辻褄が合う」という事になりました。本日お越しになっていただいたお客様、「遠くてなかなか行けないんだよ」のお客様、どちらも本当にありがとうございます。

 

さあ、こうして一週間も無事に(売上はやばかったが)終わりましたところで、ハイボールやっちゃおう〜!みんな、おつかれさま〜〜〜!来週もよろしくお願いしま〜す!

 

みんなもハイボールにしとけって。コレでじゅうぶん美味いし、ウイスキーってのは辛い事も楽しい事も黙って横で聞いてくれるイイ友達なんだから。合法の。


 - 未分類