次女デビュー

   

2019年4月3日(水)

「いや〜。だって恥ずかしいんだもん」、とか言ってられない。今までは洗い物担当だった次女が、今日のランチからついにホール担当としてデビューした。と言ってもただ出来上がったお料理を持っていくだけなのだが、それでも彼女にしたら一大決心だったらしい。

 

構えるから難しくなる。悩む前に飛べ、である。

それでも初の接客に成功した事で次女もなんらかの自信がついたようで、その後はスイスイとお仕事してくれた。

他の人から見たら大したことじゃあ無いかもしれん。しかし大事なのは「自分で乗り越えられた!」と己で体感できた事だ。心からおめでとうとお伝えしたい。あと、ありがとうと。

 

そしてまかないにもチャレンジ。たらこカルボナーラ。あと5年もしたら一人前かな。

 

次女が頑張っているのを見て、「すわ!ワタシも!」とエプロンを装着し店内に飛び出していった三女。たしかにお前は接客もできるし、なんならテーブル番号まで覚えているし「オススメはケチャップのスパゲッティで〜す!」まで言える。次女よりも数歩先に行ってはいるが。

しかしお前にはもっとやるべきことがあるでしょう?

三女、春休み終了まであと数日というのに「10以上になる足し算」が出来ない事が判明。カミサンも営業以上にぐったりであった。

 

で、今日も一日おつかれさまにしようと思っていたが、なんか酔っぱらいが来た。

・・・よし、稼ぐぞ!


 - 未分類