フリッター

   

2019年3月6日(水)

ランチ。絶ッ妙なタイミングでのお客様のご入店でずっと満席、感謝感謝でございます!いやぁ〜、イイ営業だった〜。

席が空く→埋まるというお店側としては最高のサイクルでのお仕事。本当にありがとうございました。

(まさかこの後、夜営業のお客様が一組しか無いとは想像していなかったが)

 

今日の夕食はどうするかな。カミサンが買ってくれてた鶏むね肉でフリッターを作る事にした。学校から帰った次女も一緒に味見などしてくれて「美味い!」。そうか、これは実はな・・・、というと「え!そうなの?」

 

で、完成品を食べてもらうのだが、三女は「美味しい!カレーの味がする!」と絶賛。お風呂にも持って入って、まるで日本酒のように湯船でフライドチキンを喰らう三女。お風呂でチキン・・・、教育としては間違っていると思うが、でもパパの作った夕食をそこまで喜んでくれたら本望だ。しかし、味の肝はカレーでは無いんだよ。「え〜、じゃあなんでこんなに美味しいのよぉ〜」。

 

それはビールだ。「さ・い・あ・く」と三女。

なんでだよ、ビールで揚げたらサクサクして美味しいんだよ?と言うのだが、「ぱぱぁ、ビールはダメ。さいあくよ」と、先程の「美味しい!」とうって変わっての拒否感。三女にしたら、俺とアルコールの融合は「さいあく」らしい。あぁ、ずいぶんカッコ悪い所を見せてしまっているんだなぁ・・・。

 

夜中、お店の片付け。今日はあまりにもヒマだった、お昼がどれだけ忙しくても無意味だ。

しかし「マスタ〜、今から行きます〜」とS社長から連絡が。

 


 - 未分類