元あった所にもどそう

   

2019年1月15日(火)

早起き成功。

何が気に入るかはその時にならないとわからない三姉妹の朝食は、パルメジャーノと青海苔、明太子マヨ、オムレツ、チョコレートとマシュマロ、という4種のトーストを揃えてみた。どれが人気かな?と楽しみにしていたが、4分の3はコロちゃんのゴハンになってしまった。

さあ、今日も負けずにがんばろう。

 

図書館から電話があり、「まだ返却されてない本があるんですが・・・」と。あれぇ〜?返したつもりだったけどなぁ・・・。

探してみるが、やはり無い。「次に待っていらっしゃる人がいますので」とも言われ、慌ててamazon。

まぁ仕方ない。

 

だいたい一日のほとんどを「爪切り・ハサミ・耳かき・メジャー」のどれかを探す事で日が暮れる我が家であるから、本が無くなるのも不思議ではないのだ。

それにしても、この「物を探す」というあまりにも不毛な時間の使い方は相当なストレス。「こんなの人生の無駄遣い!」というのは家族の共通認識であるのに、けれども今日も爪切りがない。耳かきは100均で買ってきた。

「なんでいつも決まった所に戻さないの!」というカミサンだが、だいたいクルマの鍵はカミサンの上着のポケットの中にある。鍵置き場を作ってくれたのはカミサンであるが、もしかして「決まった場所」って上着のポケットの中の事なんだろうか。

 

カレー仕込みデー。仕込みの中で最も楽しい時間だ。今日はマッシュルームの酢漬けをフードプロセッサーにかけてソースにしてみた。「これ以上やったらレストランっぽくなる!」というギリギリラインの「喫茶店カレーライス」が出来た。肩肘張らない、ちょうどイイ美味さだ。

 

ランチ。お客様におかれましては、本日はどうなさいました?

 

とはいえ、売上は無くともやることはたくさんある。今日は休憩なしでがんばった。

 

普段は夕方に三女と一緒にお風呂に入るのだが、今日はその余裕が無い。ということで、今日は三女は初めての一人でお風呂。

一応浴室とキッチンは会話ができるようになっている。「シャンプーはどれ〜?」「もう上がるけど、本当にもう上がるわよ〜」などの報連相を受けながらの夜営業。

 

深夜、とっくに帰ろうとしているお客様を捕まえておしゃべり。稀勢の里について、など。


 - 未分類