カラスの親指

   

2018年9月26日(水)

朝食前、三女から「ぱぱ〜、こたつ出してほしいんだけど〜」と依頼されたがわからんでもない。寒い。

そろそろ10月、今年の秋は短そうだ。

 

ランチ満席御礼、ありがとうございました。久しぶりにオフクロが洗い物を手伝ってくれた。

夕方のオープンまでに必死で仕込みをこなし、終われば昨日から読み出した本『カラスの親指』を。なかなか面白い・・・。

最近はこの「伏線回収モノ」というのに全く食指が動かなくなってしまい、なんというか「ちょっと豚骨ラーメンはきつくなってきた」みたいな気持ちで「読むべきリスト」ではドンドン順位を下げていた。しかしいつの間にやらリクエストしていたようで、図書館に届いていた。こういうのはなにかのご縁だ。

やっぱり読み始めからコッテリしており、「こりゃあ時間がかかるかな」と思っていたがあっという間に読み終えた。読後感はむしろスッキリ。能年玲奈ちゃんがヒロインで映画もあるんだな、知らんかった。今夜、観ながら寝よう。

 

夜もぼちぼちでございました。ありがとうございました。

 

カープがリーグ優勝。こうなるとファンもぜいたくになるもんで、「別にリーグ優勝くらい・・・。それよりいい加減に日本一なれよ」みたいに思ってしまうんだから選手も大変だ。ちなみに俺はまさにその「ぜいたくになってしまったファン」の方である。素直に喜べない。

 

三女の今日の宿題チェック。今日は日記を書くようだが、さて、どんなおもしろいのを・・・。「きょうは、いいたいことがいぱいあるけどはずかしすぎすぎるからかけませんけどごめんなさい」。

わかる〜。あるよね、そんな日。

 

でも良いよ、その日の良かった事だけ書き残したりするよりも、「情けない」やら「恥ずかしい」やらもお前の成長にとっては大切な出来事だ。エネルギーに変えるもよし、一晩寝て忘れるもよし。隠すフリをするよりも、湧いてしまったその「負の感情」とどんな風に付き合っていけばいいのかを身に着けて欲しい。

そのあたりはママが上手なのでしっかり学び取って欲しい。ちなみにパパは絶賛勉強中である。


 - 未分類