ポスター事前下話。

   

2018年6月15日(金)

ランチ終わってから、ひたすら知り合いに連絡。職場の休憩室などに、月曜から始める例のハッピーアワーのポスターを貼らせてくれるかどうかを聞いてみた。

 

地図やクーポンでは無いので、チラシやフライヤーというよりは、常に目につく感じが良い。そこに来るお客さんにアピールしたい訳ではなく、職場で働くお友達どうしの話題になればイイと思ったからなのだが、さぁどうなるかね。

 

ただ問題は皆一様に「イイよ〜」との反応だった事だ。どこも貼らせてくれるもんなんだね。

これが「いやぁ、ウチはそういうのダメなんだよ」だったら、それこそチャンス。今まで誰もやってないんだから、俺が一番目立てる事になる。このハッピーアワーがいかに楽しいものなのかを、俺自らの口で説明させてもらえるイイ機会だったのだが。

 

ポスターを貼らせてくれるかどうかは、実はどうでもいい。「宴会部長」的な人に会って説明させてもらって、実際にその人が来てくれさえすればモアベター、という作戦だったのに。

でもひとまずはのんびりとやって行こう。まずは来てくれたお客様に、カンペキに営業せねば。

 

ここまで俺の思惑みたいなもんを生々しく店のブログに書いてイイもんなのか?と今一瞬思ったが、もうとっくに恥は晒してるんだし別にイイか。

 

明日は、朝のウチに草刈りに出かけて、ランチだけ営業。夜はお休みをいただいて、仲良しの高校の同級生たちとの飲み会に行ってきます。はぁ〜、楽しみ〜〜〜。


 - 未分類