夏休みの我が家

   

2019年8月6日(火)

少し前に、三女はオフクロに自転車を買ってもらったらしい。ライトグリーンの可愛い自転車。

全然一緒に練習してやらなかったのに、いつの間にか乗れるようになっていた。そして昨日の夜、「ぱぱぁ、ワタシちょっと遠くまで行ってみたいのよ〜」と言い出した。

 

だもんで今朝は三女のサイクリングにお付き合い、往復4kmの軽めのラン。

三女の公道デビューは同級生たちのいる学童保育まで。まだまだフラフラの運転なので、俺は横で並走。体感では時速4~5km、まぁ早歩きでも横にいてやれるくらいの速度。

 

こどもの成長は楽しい。逆上がりができるようになったとか、九九が言えるようになったとか、「目に見える成長」は感情に直接的に訴えてくるモノがある。もちろん、そうではない「じんわりとした成長」も嬉しいのは当然だが、なにぶん俺も即物的なもので。

ただ、子供の成長というのは著しいスピードだったりもする。ちょ、ちょっと待って。パパ、久しぶりに走るんだし、ちょ、危ないし、もうちょっとゆっくり、しなさい、ね、ちょっと。

すれ違うクルマにずいぶんと笑われていたように思えたが、朝から誰かを笑顔に出来たのならばそれは幸いでございました。

 

帰ったらすぐにスイカにかぶりつく。三女は「運動したし、これでラジオ体操はしたって事でイイ?」とまた勝手な事を言っていた。

 

ランチ後、今度は「次女のお部屋作り」のお手伝い。

「棚は自作したい」というのでまたもやホームセンターへ出かけた。「自作」っつったって、まぁやるのはほぼ俺だわな・・・。それにしても夏休みって、こんなに大変でしたっけ?でも、これもいつかイイ思い出になるんだろう。

 

夕方、カミサンと甲子園観戦。

先日長女とオープンキャンパスへ行ったところの学校だったのだが、それだけの事でもずいぶん応援に熱がこもった。お客様がいらっしゃっても延長線まで全部観た。カミサンも一切喋らず最後まで。

敗れはしたが、ナイスゲームだった。9回の裏に追いついたシーンは、なんというか「これぞ高校野球」って感動させていただきました。「これは来年も強いわ」とカミサンが言ってました。

 

夜、腰痛。朝の靴ずれした足をかばって変な格好で走ったのが悪かったか、風呂からあがるとお店の片付けもままならないほど痛かった。

ただ、今日で2日続けて頭痛が来なかった。群発頭痛に比べりゃ腰痛なんて。

 

頭痛が始まってから2週間過ぎた、これで群発頭痛期が終わってくれりゃあありがたいのだが。ちなみに禁酒は継続中、もうちょい飲まずにやってみようと思います。


 - 未分類