行く先の影は見えない

   

2019年2月26日(火)

朝7時、お仕事スタート。

ご予約帳を見る限り、今日のランチは絶対に忙しい日。気合を入れて、早朝から仕込み&掃除をやりきった。本当に悔いのない仕事内容だったと言っていいでしょう!

 

お席は埋まってくれたが、少しずつお客様の入店時間がズレていたので、営業自体はスムーズにできた。まぁ、実際のところさほど忙しくなかっただけなわけだな。あ〜。

我々夫婦の友達Nちゃんが遊びに来てくれたので、3人でNetflixで『クィアアイ』を視聴。Nちゃんも「おぉ〜!すごい〜!」と感動してくれていた。良かった良かった。

 

夕方、三女と図書館へ。

三女には「音読を聞いてもらう」という毎日の宿題があり、今日はなにか一緒に面白そうな本を借してもらおうとやって来た。のだが。三女の選んだのは紙芝居「ザリガニのあか」。え〜?まさか俺に読ませようとしてない〜?まぁ、一緒に読めばいいか。

 

花粉症のお薬のせいかとても眠い。今日はお仕事が早朝からだったし「ちょっと1時間でもお昼寝を」と考えていたのだが、紙芝居のお仕事まで発生してしまった。

眠気がなんだ。他所のパパたちの事を考えると俺はずいぶん幸せなんだ、頑張らねば・・・。と意気込んだが、紙芝居始まってすぐに三女の横でコタツで寝てしまった。スマン、夢芝居してしまった。

 

夜、カウンターには常連のKちゃん。ひとしきり最近の疑問やらを問うて答えを乞う、う〜んなるほどと思わせてもらうことばかりだった。

仕事終わり、三女は何やら工作を。うわ、すごい!

紙芝居の絵と文字を全て書き出し、自分で絵本として書籍化。こういうの、なんつーの?自費出版?

 

三女いわく「紙芝居だと一人の時は楽しくないから、絵本に作り変えたのよ」って、へ〜!なるほどねぇ〜。「そしてお友達にあげるのよぉ〜」、それもまた素晴らしいアイディアだね。イイんじゃないかな。

 

アルコールも摂取せずに本日終了。今月はここまで五分、あと2日の勝負だ。


 - 未分類