30(金)は臨時休業、1(土)は夜の営業のみです。

   

2016年9月29日(木)

昨晩、友人のH君が大阪からご来店。あのね、電話のひとつくらいしてから来てくれるかな?キミに会うの12〜3年ぶりなんだけど・・・。お互いこの空白の様々を報告し合う。カミサンからは「なぜアンタらは誰も連絡せずに突然来るの?」と言われるのだが、男同士はそんなもんだ。俺だってそんな風に会いに行っちゃうし。

みんな忙しくて、なかなか「約束」が出来ない。突然お仕事になってしまうような時ばかりだから、そうすると約束を破り期待を裏切る事になってしまうので、それならば「今会える!」というタイミングで会う事になる。その時は各奥様方にはご迷惑をお掛けしております。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

明日は神戸で次女の定期検診。朝、カミサンと次女は神戸に出かけていった。そしてその3時間前には長女が修学旅行へ。三女を保育園に送ってからは俺は一人。

一応、このブログとFacebookのページで臨時休業のお知らせをしてはいるが、しかし全てのお客様がそのお知らせを見てくれているわけもなく、今日当店に来てくれたお客様には申し訳ない事をしてしまう。

定休日ひとつ取ってもそれは「お客様とのお約束」のひとつ。臨時休業で、せっかく来てくれたお客様の期待を裏切るのがとても心苦しい。子供も小さいし、なんせカミサンと二人で営業しているお店であるから仕方ない場面もあるのだが、この「臨時休業」を巡ってはしょっちゅうカミサンとケンカになってしまう。

忙しい日が続いたりで体調を崩したりしているような時だって休むのはイヤだ。カミサンが言う「休まないでもっと酷くなって、長期の休みになったりしたら、もっとお客様に迷惑かけちゃうよ?」はもっともなのだけれど。せめてもっと多くのお客様にFacebookだったり何でもイイから、臨時休業のおしらせができたなら・・・。

というわけで、カミサンには内緒で今日はお店を一人で開けてみた。

今日来てくれるお客様はつまり「Facebookでウチを見ていない」お客様だ。このお客様に「臨時休業が多いので、もしお越しの際はFacebookのウチのページでご確認してからお越しください」とお伝えできれば、せめて次回の無駄足を避けていただける。イイネが増えれば、そこからまた広がってお知らせが伝わる。それにもし今日一切お客様が来なければ、今後もFacebookに「臨時休業のお知らせ」を頼ってもイイという事になるから。

結果、5組のお客様がご来店。「急なお休みをいただく事がありますので・・・」とFacebookの事をお伝えできた。抜本的な対策ではないけれど、ひとまず5組のお客様にはお伝え出来て良かったと思う。

神戸のカミサンからは「ちょっと〜〜〜。今日休みで出社してないらしいんですけど〜」と連絡が。以前俺が靴を忘れてしまい、カミサンはそれを友人の会社まで受取に行ってくれたのだが、なんと今日は友人は休みだという・・・。

昨日の夜に「今日カミサンが取りに行くから」「あいよ〜。何時頃?」「夕方から19時くらいやわ」「了解〜」って約束したのに!なんたる無駄足!
やっぱ男同士で約束するもんじゃないわ・・・。カミサン、すまんかった。

ひとまず明日は健康診断、土曜は三女の運動会で本当に営業できませんが、今後もとおりみちをよろしくお願いいたします。


 - 未分類