回復の日

   

2018年9月1日(土)

5時起床。張りつめてたのか、全然寝ずに朝が来た。

 

14時、全て終了。夜から営業しようと思っていたのだが、到底ムリだった。

 

カミサンと「仕事も食事も洗濯も、全部お休みしようや」と話し合い、今日は家族でゆっくり過ごす事にした。

急だったがホテルが取れた。明日は長女の矯正歯科と我々の仕入れで出張る予定だったので、今夜から家族みんなで広島へ。

 

夕食なんにしようかと思っていたら、偶然俺が行きたかった馬肉専門店が空いていた。三女は「馬を?食べる?ワタシはムリよ〜」と一切拒否。

 

対象的に一言もしゃべらない次女。口に運ぶ、噛む、目を閉じる。また箸を掴み、馬刺し、ユッケを運び、噛み、目を閉じる。そしてボソッと「・・・美味しい」と。

 

親として、こんなにうれしい事はない。娘が食に感動している。

生は終わり。次は焼く。タレではなく、ツユで食べるのだがめっぽう美味かった。次女が誕生日はココで、と言っていたがウン分かる。美味い。サイコーだ。

 

「ケーキを買いに行こうよ〜」と夜の広島を暴走する三女。陴威窠斗だな〜。

 

お望み通りケーキを買いに。大満足よ〜!らしい。

 

ピザも買って、ホテルの部屋でちょっと早いがカミサンの誕生日前祝い。

 

風呂もサイコー。リフレッシュできた。パンダも来てた。


 - 未分類