『ボクたちはみんな大人になれなかった』

   

2017年9月11日(月)

朝、みんな静かに朝食。本当なら東京から買って帰った美味しいパンを食べてもらい、「パパ、ありがとう〜」なんて言われながらの月曜日になるはずだったのに。

お米は間違えてほぼ出荷しちゃうし、パンは広島駅に忘れてきた。マリーアントワネットが「パンが無いならケーキを食べればイイじゃない」といったのが本当かどうかはわからんが、世が世なら俺も絞首刑されててもおかしく無かったかもしれん。

 

三女の残したお茶漬けを少しいただき、二人で保育園へ。三女、最近は車中で行きも帰りも大声で『おとなの掟』を唄ってくれるのだが、すこぶる可愛い。

 

今日はランチも夜営業もおヒマだった。借りてきた本を読む。『ボクたちはみんな大人になれなかった』

「渋谷系」と言われる音楽にハマった42歳前後の人間なら、誰でも身に覚えがあるんじゃないだろうかという痛々しい内容。俺もあの時神戸じゃなくて東京を選んでいたら・・・、と考えるだけで恐ろしい。時間が行ったり来たりしながら進むストーリー展開は『ブルー・バレンタイン』で証明されたように、「結果を知っているからこそキツイ」という側面がある。ただこのお話の場合はテンポよく進む上に、後半に一気に謎が解かれていく爽快感がある。読んでてキツイと思いながらも、一気にラストへ流れ込むような。起きた問題が全て回収される事はないが、そこはかつての「渋谷系だった」読者が今の自分に照らし合わせて考えれば良いだろう。「ハードボイルド小説」と言って間違いないと思う。燃え殻さん、最高だわ。

 

22時、大雨の中S社長を送り届けて営業終了。またしばらくノンアルコール生活を送って見ようと思う。本も読めるし映画も観れるしね。お酒は飲まずにお茶でも飲んだらイイじゃない。


 - 未分類