稲刈り準備。15日目。

   

2017年8月30日(水)

昨夜は頭痛が来なかった。調子が良いのでコロを早朝散歩に連れてって行ってやれる。このまま、治れ。

 

そろそろ稲刈りだが、田んぼのコンディションは最悪。水はけは悪く、地面はドロドロ。このままでは機械で稲刈りは出来ないし、そのドロドロの所へ、稲が倒れてしまっている。3週間前はこんな感じで稲が倒れてしまっていたが、今はこの5倍以上は倒れてしまった。

 

その倒れた稲を手で刈っていく。1時間やってもこれくらいしか刈れない。片手で持てる4束ほどを鎌で刈り、その刈った稲を泥の中から運びだすのを延々繰り返す。ジムの筋トレもルームランナーでのランも、この稲刈り準備に比べたら屁でもない。汗が滴り落ちていく。

 

しかし、ここのところの頭痛のため、まるで運動が出来ていなかったのでなんだか心地よくもある。暑いながらも秋を感じる風が吹き、日差しは強いが湿度は低い。たいへん清々しい時間を過ごせた。

 

刈った苗はカミサンが川沿いの柵に干してくれる。ありがとう、助かるわ。

 

稲刈り(仮)はこのくらいにしておき、ここからは田んぼに溝を掘っていく。こうして、田んぼに貯まった水を排水口まで連れて行く。これで無理やりに田んぼを乾かそうというワケだ。しかしこれがキツイ。ただ溝を掘るならイイが、稲をよけてのデリケートな作業。水を含んだ土は滅法重く、かと言って思いっきりスコップを差し込むと稲を傷つける。難しい。

 

夜の営業の時間になり、今日はここまで。疲れはしたが、いい汗をかけた。このまま頭痛が治まればサイコーなんだが。

 

 


 - 未分類