田植え囃子

   

2017年6月25日(日)

リフォーム工事中、カラダが楽だったのだろうか、日に日に起床時間が早くなっていた。それの名残か、今日も5時半には起床。しかしカラダが起き上がらない、久々の営業でくたびれた。

 

それでも今日は地元で田植え囃子のお祭り、太鼓を4時間ほど叩く。きっと豊作の祈り、みたいなお祭りなんだろうが、意味はよくわからない。

 

よくわからないとなると、当然三女はまるでやる気が出ない。というか、保育園児に4時間も太鼓を叩かせる方が無理がある。大人もクタクタなんだから。

 

でも地元で商売させてもらっている限り、こういうイベントを無下には出来ん。それに参加者がドンドン減ってきて、この田植え囃子もいつまで出来るか・・・。

 

三女、本当にやりたくなくなって、半べそかいてカミサンの方へ帰っていった。まぁ、我慢して変なストレス溜めるくらいなら、正直に「やりたくない!」と言える方がイイ。座って眺めていればイイわ、と思っていたが、またすぐに太鼓の輪の中に戻ってきた。

 

「がんばったらお金もらえるらしいのよぉ〜〜〜!」この辺りではなにかイベントに参加すると「花代」といわれるお小遣いが支給される。子供の出席率をカネで買うのは気が引けるが、商売人の子供なら、こうして自らの手でお金を稼ぐ大変さを知るのも良い事かもな。三姉妹、千円ずつもらっていた。

 

俺もお駄賃代わりにビール飲ませてもらって、家に帰ってバタンキュー。

 

夜中に起きて、また明日からの営業分の仕込み。日・月を定休日にしたが、とりあえず今週は明日の月曜日も営業。出来るだけアナウンスもせねばならんので。


 - 未分類