カミサンと新メニュー会議

   

2017年6月6日(火)

昨日の深夜からずっと床掃除とペンキ塗りをしてくれた錦織塗装さん、仕事が終わったのは明け方4時くらいだった。ありがとうございました。

 

今日は長女がバレーボールの県総体の予選。1年生の長女が試合に出る事は無いが、それでも大会には連れて行ってもらえるらしく、みんなで5時起床。カミサンはお弁当作り、俺は6時に学校に連れて行った。これ、通常営業しながらだったらまぁまぁキツかったかもしれん・・・。いやいや、絶対大丈夫だ!

 

お昼、カミサンと食事に出掛けた。邑南町高見のレストラン「おちらと」さん。カミサンはハンバーグ、俺はビーフシチューを食べた。美味かった。

 

食事しながらカミサンと新メニューのお話。けっこうたくさんのメニューが削減される。

 

新しいメニューがあるという事は、当然削られるメニューがある。しかし削られたメニューのみんなに言いたいのは、お前らはマズイから削られた訳じゃないということだ。美味いし人気のあるメニューであっても、時にはメニューブックに載れない事もある。今回がそのタイミングでは無いというだけで、きっとまた近い将来おまえらが帰ってくる時が来る。その時は、今よりもずっと美味いピザやパスタになって戻ってくると信じているからな。

 

ウチの商品は自分の子供のようなものだ。俺とカミサンがまるでままごとのようなシロウト丸出しの飲食店をなんとかやれているのも、その子供たちが頑張っていてくれるからこそ。親である俺達が、もっと子供を伸ばしてやれるはずなのに、まだまだ実力不足であるのは本当に申し訳ないと思う。

その分、今回レギュラー入りした新メニューのみんなにはしっかり頑張ってお客様に喜ばれる商品になってもらいたい。君らが生を受けたのは、その試行錯誤の礎になってくれたメニューたちがあるのだから。

 

長女のバレーボールの予選、残念ながら2位で県総体には進めなかったらしい。そうか、残念だったな。でもお前の本番は2年後だ、それまで一生懸命練習して部活やバレーボールそのものを楽しんでくれよ。

 

ところで1位はどこだ?「邑智中学校。すごく強かった・・・」。あ、そうなんだ。「しかもエースアタッカーが二人いて」。へ~、2枚看板で打たれたらなかなか勝てんわな。

「しかもその二人が二人共1年生なのよ・・・」。あっら〜〜〜、じゃあお前の本番は、その子らと戦うわけか?いいねいいね、この時点でとりあえずの目標が出来たじゃないか。

 

メニューと娘にばかり頑張らせるつもりは、もちろん無い。マスターとしてもパパとしても、この改装が人生の転機だったと思えるように、バリバリ頑張ってやろうと思います。


 - 未分類