連勝と業者さん

   

2016年10月12日(水)

東京時代の友達から結婚のお知らせが来た。おめでとう。

結婚式を挙げないというのも特に珍しいという事もなくなった。島根に住んでる身としては、東京に出掛けるきっかけになるのでジャンジャン披露宴をあげて貰いたいとも思うが。

朝、とても寒い。三女を保育園に送る時はついにカーディガンを出した。朝に限ってはコタツも欲しいくらいだ。

友人たちは野球観戦に行っているようだ。エエなぁ〜。img_5176しかもイイ勝ち方だったな〜。

2016年10月13日(木)

新しい業者さんと打ち合わせ。田舎に帰って6年、ようやく島根の食品卸の会社とおつきあいが出来そう。

都市部と中山間地域を一概に比較しようも無いが、商売のデメリットといえば、田舎にはなんせ「業者さん」がほとんど居ない。この田舎の飲食店は一般の人と同じ金額で買い物をし、それをお客様に提供しているので非常に利益は薄く、そして扱える食材も乏しい。

それほどまでに食材が手に入らないから、我々夫婦は月に何度も広島まで仕入れに行く。決して酔狂や身分不相応な仕入れではなく、やむなく往復3時間と燃料代をかけて仕入れに行っているのである・・・。しかも一般価格で。

俺とカミサンが使いたい食材が全て揃うというわけでは無さそうだけど、それでも月2回の仕入れが2ヶ月に1回になってくれれば、カミサンも俺も随分とラクになると思う。あまり期待してもイカンとわかっているが。

商工会青年部の部長のリュウジから電話、「2月の卒業旅行、鹿児島に決まったからヨロシク」だと。

毎年、40歳になるメンバーの青年部卒業をお祝いしてみんなで旅行に行くらしい。恒例行事らしいが、そういえば6年間全て断って来た。今年は「その日は歯石を取る日だから行かない」と断ったのだが、「40歳の俺たちのための卒業旅行なんだぞ。行かないなんて前代未聞だってば」。商工会って集まりなんだからせめて勉強になるものだったらイイけれど、どうせ酔っ払ってひっくり返るだけだろ。そもそもリュウジ、お前去年北海道で◯◯◯を◯◯して◯◯◯で◯◯になってるらしいじゃねぇかよ。俺はそれよりヒドい事しちゃう自信があるの!だから行きたくないんだってば!

「鹿児島にも歯医者あるって」とトンチンカンな事言われて電話はオシマイ。俺は行かないからな!!!


 - 未分類