いろんな意味で戦争反対

   

2016年4月1日(金)

今日から4月とは早いものだ。天候も穏やかで、花粉が飛んではいるものの、その他はすごしやすい日。THE春。

ずっと楽しみにしていた当店のユニフォーム。さっそく昨日エプロンとシャツを身につけたまでは良かったが、キャップをかぶったとたん「復員兵」や「闇市」などという誹謗中傷を受け(俺を産んだ人からまでも)、今日はキャップはかぶらなかった。

ランチは上々、今日もお客様ありがとうございました。
お店が落ち着いてからはひたすらメニューブック作り。ラジオも落語も我慢して、ノートパソコン相手にカチャカチャと格闘。16時、もうちょい頑張りたかったが、夜は団体様のご予約もあり一旦パソコンから離れてピザやサラダの仕込み。

仕込み中、カミサンは「帽子かぶりなよ」と言うのだが、お店のスタッフが兵隊さんではお客様もお食事や会話が楽しめないだろう。俺だってユニフォームを楽しみにしてはいたが、「仁義なき戦い 復員兵」で検索かけたら、これが出てきて
jingi
もう完全に詰んだ。

カミサン「帽子かぶりってば(せっかく買ったんだから)」
マスター「だって完全に広能昌三なんだもん」
カミサン「なにそれ」
マスター「(広能昌三知らんのか・・・)とにかくヘンでしょ?」
カミサン「そうでもないよ(せっかく買ったし)」
マスター「ヘンじゃないとしたら、それはお前が俺を愛してるからそう見」
カミサン「そういうのじゃない(キッパリ)。買ったんだから」

結局、夜の営業ではキャップをかぶってみた。近所のノブちゃんが来てくれて俺の帽子姿を見てくれたのだが、ノブちゃんからは「そのうち見慣れる」というノーオブラートな御言葉をいただいた。ノブちゃんもっと言葉は丁寧に・・・。全ては俺のデカい頭と顔が悪いのだけれど。

一般の日本人よりも大きな頭と顔というハンデを持つ俺に、「しんちゃんの頭にはたくさん脳みそが詰まっているんだよ〜」と言ってくれた優しいお祖母ちゃんはもういない。お祖母ちゃんさえ生きていてくれたら、こんな時には絶対に慰めてくれるのに・・・。

しかしこんな事でくじけていては「サイコーの喫茶店のマスター」にはなれないのだ。応援してくれていたお祖母ちゃんの期待にも応えるべく、明日もがんばるぞ。

強い気持ちではいあがろうとした所、カミサンから「今、世の中のイケてるカフェは完全に私服で働いているらしいよ!」という身も蓋もない情報提供。もう知らんわ・・・。


 - 未分類