ファッション問題

   

2015年12月18日(金)

 

腰痛で最悪の目覚め。歩くのも痛い。

今日は早くからカミサンは歯医者さんへ。行ってしまったその後から、保育園登園の時間までは三女と二人で過ごす。三女は保育園があまり好きではなく、ほぼ毎朝機嫌が悪く、特に「今日着ていくお洋服」でヤンチャ言いまくる。

今朝もカミサンが用意してくれた服が気に入らないと不機嫌に。「もう勝手に好きな服着てこいよ」と、俺も上手く機嫌取ればイイのだが、こっちも腰痛でイライラしてしまう。三女、そのまま自分で服を選びにクローゼットへ消えていった。

しばらくすると三女がやってきたのだが、その姿がもう・・・。上半身は猟師が着るようなファーのチョッキ、白黒ドットのカットソー。下はアイドルがステージで着るような紫のチェックのミニ・スカート。まるで「マタギがAKB目指して頑張っている」ようなファッションで、寒いとか暑いとかより、三女のセンスが心配になる。

「なんでミニ・スカート履いてんだよ!雪積もってんだよ!!!」腰は痛いし遅刻気味だしで、イライラもピーク。それでも断固スカートは譲らないというので、下に無理やりタイツ履かせてクルマに押し込み、急いで保育園に。親子げんかしながら先生に三女を渡し、腰の痛みを誤魔化しながらヘンな格好で運転して帰宅。

帰ってから、分散しながらのべ1時間はストレッチ。誤魔化しながらなんとか営業がんばった。ランチ終了後、長女と次女の個人懇談。「いい子ですよ」らしい。

 

昼はボチボチだったが、夜はカウンターもテーブルも埋まる。ありがとうございました。腰痛もストレッチ後は多少マシだった。しかし閉店時間に近づくにつれ、徐々に太ももからふくらはぎまでピリピリと。朝起きたら治ってたらイイなぁ・・・。

三女とは和解せず。39歳vs4歳の戦いが始まった。


 - 未分類