toggle
2020-03-10

長女、卒業式

2020年3月10日(火)

本日はお休み。

10時、中学校へ。今日は長女の卒業式。

 

コロナウィルスの影響で来賓と在校生は出席しない。準備する事も難しかったのだろう、とても華やかとは言えない、というかかんぺきに地味な感じの会場だった。

そんなスカスカの体育館での卒業式はなんとなく可愛そうな感じもしたが、始まってみればまぁコレはコレで思い出に残るんじゃなかろうか。来賓あいさつも合唱もないから本当にあっという間に終わってしまった。

 

それにしてもみんな大きくなったな。我々が島根に戻ってきた時はみんな保育園児だったのが、今日でついに義務教育を終えるとは。

教室に戻り最後の最後のご挨拶。先生から一人ひとりにメッセージ。生徒からは保護者とクラスメートに感謝の言葉を。

長女からは我々に「小学校のときにも迷惑をかけたのに、中学校になっても迷惑かけちゃってごめんなさい」と言われたが、こちらこそ不甲斐ない親で申し訳ない。

 

あっという間に中学校の3年間が過ぎてしまったが、諸先輩方に言わせると「高校はもっと早いぞ」らしい。帰ってからは商工会から職員さんに来てもらって最後の確定申告のチェック。おおむね良好な経済ではあるが、それもあと3年。長女が大学に行く時にはもう火の車だろうな。あと3年か、しっかりがんばろう。

 

夜はカミサンの実家から送ってもらったお肉でしゃぶしゃぶをしてお祝い。三姉妹全員テンションがあがってた。

 

長女、3年間おつかれさまだったね。もちろん今からも大変なんだろうけれど、みんなで仲良く楽しく暮らしていこう。最後の通知表も「体育の4」を除けばあとはお決まりの「オール5」、ホント尊敬するわ。

しゃぶしゃぶ食べながら色んなお話をしたが、3年間はけっこう楽しかったらしい。

 

長女が詠んだ俳句。なかなか良い。

 

いい学校で過ごさせてもらった。先生方やお友達に大感謝である。

ちなみに俺が文集に寄せた「岡本太郎風エッセイ」であるが、あれほど張り切って書いたのに「大スベリ」していた。きっつー。

よく読まれている日記