長女の旅行準備

   

2019年12月8日(日)

本日定休日。

長女の歯列矯正&旅行のための準備を整えるために広島にお買い物にでかけた。

行く道中、カミサンに運転してもらいみんなでナビで『若女将は小学生』を視聴。素晴らしい映画だとは聞いてはいたが「とはいえ子供向けアニメでしょう?」と侮っていたが実際に素晴らしかった。サービスマンは皆観るべき。

広島到着。買い物すべきは長女のはずだが、次女と三女も試着しまくり。「GAPがセールしてる〜!」と喜んでいたが、GAPっていつもセールしてないかね?

長女の歯列矯正は1時間半ほどかかる。途中、カミサンと次女はスターバックスでおしゃれなラテ飲んで休憩。勉強になるので俺もそっちに行きたかった。

しかし三女と俺はテラス部分のベンチで休憩。「だってワタシはコーンポタージュが飲みたかったんだもん〜」と缶のポタージュを喰らう三女。「やっぱり美味しいわぁ〜」、そうかそれは良かったね。それにしてもテラスは寒い、俺もスタバが良いんだが。

「コーンが出てこない〜!」もう諦めなさいってば。

ランチはこれまた勉強になりそうなカフェに入った。まぁ「箱自体」は勉強にならんでもない程度のカッコいいお店、おしゃれな感じではある。料理もサービスも平均にも届かない、つまりあまり気に入らん店だったという事。

だが俺が勉強せねばならんのは、まさにその一点。なぜ俺が気に入らんこの店にこんなにもお客様が入っているのか、だ。

俺が気付く事の出来ない素晴らしさがこのお店にもあるに違いないが、それは一体なんなのか・・・。

しばらく考えていたのだが、答えは出なかった。しかし、俺が気付いていないという事は、逆にいえば「まだまだ喫茶とおりみちには隠されたポテンシャルがある」という事。引き続き検証していこうと思う。

そんな事を考えていると、次女のスキをついて三女がアイスクリーム泥棒。光の速さでモナカとアンコとアイスクリームを盗んでいった。

場所を変えて蔦屋書店。今日は「廣島蚤の市」というイベントをしていた。俺は休んで家族と楽しく過ごしていたが、知り合いの同業者が必死で働いている姿が見えた。もうしわけない。

みんなが買い物をしている間、俺と三女はベンチで読書。無限に立ち読み、それどころか座らせてくれて本が読めるという素晴らしい空間でありがたかった。これはわかりやすいヒントになった。

長女の旅行用の買い物も無事終了。島根に帰ってからは昨日の残り物をみんなで食べて、それからTHE MANZAIを見ました。司会のナイナイが客席を見て「泣いてる人もいますね」と言っていたが、お笑いファンがあの現場の客席にいたら、そりゃあ俺も泣かずにいられなかったかもしれない。

その感動的な雰囲気をぶっ壊すおぎやはぎの「何かやらないとクラブ行けない」「事務所総出で」には大笑いした。俺以外では次女も爆笑しており、ほんとコイツはよくわかってるなと感心いたしました。


 - 未分類