モヤ

   

2019年12月2日(月)

11月は全然時間がなかった。12月の前半さえ過ぎれば、そしたらお店は休みになるからと誤魔化し誤魔化して来た。しかしお店の営業が無いだけで、その間も俺には毎日やらねばならない事があるんだよなぁ・・・。

日曜日に家族サービスするのは善き事なのは間違いないが、先月からずっとあまりに「自分の時間」が少ない。どちら様も似たようなものだとは思うのだが、なんならカミサンだってそうだと分かっているが、何かモヤモヤしたものが脳に覆いかぶさってきているような感じの朝だった。

 

12月なのでタイヤを交換せねばならん。

今までは自分で交換していたけど、少し前、運転中にジムニーのタイヤがもげた。やっぱ安全に係るものはプロに任せた方がイイ。

 

オフクロの家の納屋に置いてあるスタッドレスを積み込み、馴染みのクルマ屋さんに出掛けた。この時点では何も違和感のようなものはなく、別にオフクロの車も普段と変わらずに置いてあった。タイヤ交換してもらって、牛乳やら卵やらを買って急いで戻った。

 

カミサンは広島に仕入れ、今日は俺とアルバイトのえっちゃんと二人での営業。バタバタするのは分かっているので、普段よりも仕込みを。

しかし今日はずっと電話が鳴っている。内容はほとんどが年末の予約電話なのだが、12日を今年の最後の営業にしているので、とにかくひたすら謝罪してばかり。「なんで改装なんてするの?かきいれ時なんだから、もっと頑張らないと」と言ってくる人までいて、俺が間違っているのかな・・・なんて気になってきた。俺が悪いのか、と。

 

店の外から「おーいおーい」とヤケにうるさい声がする。出てみるとオフクロのお友達のおじいさんで、「おい。おかあさん、病院に行ってるらしいじゃないか」と、そこで初めてオフクロが具合が悪いと知った。

隣の家に住んでるオフクロとは丸一日会わない事もよくあるのだが、さすがに病院に行ってるなんて、しかもクルマがあったって事は自分では運転は出来ないほどの事とは全く知らなかった。

「お前は孫の世話から店の手伝いまで全部やらせるクセに。もっとちゃんとお母さんの面倒も見ろ!」と叱られたが、いちいち反論するのもバカらしい。しかし「馬鹿らしい」と思えれば良かったのだが、本当に俺が全て悪いような気になってきた。

完全にモヤがアタマを覆い尽くした。

 

オフクロの電話は何度かけてもつながらなかったのだが、営業中にやっと折返しがあった。電話はオフクロのお友達のおばさんで、今は心電図や血液検査の最中で、まだ何もわかっていない。昨日の夜中からずっと苦しんでいたのよ大変だったのよ、と教えられたが、どんどん責められているような気になってきた。また電話する、と言われて話は終わった。

それからしばらくたっても電話はなかった。電話をかけてもつながらなかった。

 

夕方、三女を迎えに行ってからオフクロの家に行ってみると、寝室でひとり横になっていた。胃カメラでアニサキスが見つかったので除去してもらったらしい。むちゃくちゃ苦しかったらしいが、そんなに苦しくても俺には連絡しづらいんだなぁ。そんなもんかね。

 

夜、カミサンはクタクタで帰ってきたが、俺もなにかあまり良い精神状態ではなかった。

S社長の長い長い飲みに付き合うのにも疲れてしまい、大量のハイボールで誤魔化して営業した。また時間を無駄遣いしている、一生こんな事を続けていくのだろうか。

キッチンの奥のコタツで寝てしまっていた。

 

2019年12月3日(火)

低気圧も「モヤ」に良くない。冬が来たばかりだが、早く春になってほしい。

オフクロの方は徐々に回復しているらしい。俺のはしばらくかかりそう。

 

ようやく改装工事のお知らせをした。ホントに「ようやく」。

 

「お休みのお知らせをする」というのが非常にストレスで、それでずっと逃げて逃げて来たのだが、お知らせしてしまえば気はラクになった。しかし、同時にしておかねばならなかったこの土曜日のランチの臨時休業のお知らせをするのを忘れてしまい、また憂鬱になってしまった。はぁ〜


 - 未分類