冷戦

   

2019年11月19日(火)

往復で3時間。それに、買い物中はずっとアタマを働かせていなければならないしで、朝から広島に仕入れに向かったカミサンはそれは大変だったと思う。

 

というわけで今日のランチ営業は、俺と新人アルバイトえっちゃんの二人体制。どんなに忙しかろうと、そんな時こそ焦らずにやればイイのだよ、とえっちゃんに上司ブリながら本日のお仕事スタート。えっちゃんも張り切ってくれて、それで二人でしっかり仕込みをした。

が、こういう仕込みがんばった日によくある「おヒマなランチタイム」。えっちゃん対して超恥ずかしかった。

 

終わってから三女を迎えに行って、二人で宿題。漢字を練習したり、週末の学習発表会でやる劇のセリフ読みを聞いたり。そうしていると、今度は次女のお迎え。今日はバレーボールの練習試合らしい。

夜営業が始まった頃ようやくカミサンが戻ってきた。お疲れ様でした。

 

夜はまぁボチボチという感じの営業だったが、それでも一日仕入れしてからのキッチン作業はカミサンも相当にしんどかったとは思う。

思う。思うが、俺だって疲れていた。何気ない言葉を悪く捉えてしまったり、そして更に今度は悪意で返したりで最悪の一日の終りだった。

 

深夜、仕事や価値観で分かりあえないすべての夫婦必読の小説、『趣味で腹いっぱい』を。タイトルと装丁と文章の全てが可愛らしいが、内容はシビア。「お前は本当に情けないな」と言われているようで、最悪の一日の終りにピッタリの読書体験だった(褒めてる)。

「夫婦論」を考えたくて手に取った本だったが、中学生、いやせめて高校生くらいの時に読めてたら、もっと人生がラクに上手く過ごせてたのかもしれない。「男子のうちに」読んでおくべき一冊だと思う。

ただあまりにも自分を責めてしまう可能性もあるので、世の「夫・おじさん」に置かれましては、体調及び精神の調子が良い時に読まれた方が良いかと思われます。

 

なぜか宇江佐真理先生の『無事これ名馬』を久しぶりに読みたくなった。何がどう繋がるか、わからんもんだな。

 

2019年11月20日(火)

朝、ふて寝。池の水がちゃんと抜けてくれているのは嬉しかった。

 

ランチ、カミサンとはビタ一文クチを利かず。今日はアルバイトのえっちゃんがお休みなので、余計に黙ったままのお仕事だった。

大阪の友達から腰痛対策グッズが届いた。ありがてえ・・・。これで治して、またトレーニング復活させたい。

 

夜はそこそこ忙しくなったのだが、全お客様がファミリーでのご利用(S社長は除く)。しかもその全組が「今日はお父さん居ないから来ました〜」。今日はどこのお父さんもお忙しいのか。けど、お父さんも連れてきてあげて欲しいと思う。

 

夜も2~3言しかカミサンとは喋らなかった。明日もアルバイトのえっちゃんはお休みだし、どうなることやら。あーあ。


 - 未分類