「瞑想とかしたらイイわよ」、らしい。

   

2019年11月12日(火)

イイことがあろうと、むしろ「最悪な事が起ころう」とも常にゴキゲンで過ごせるような人間になりたいと、もう10年くらいはそんな人物像を描いてはいるのだが、これがなかなかそう成れんねぇ。俺の周りにはけっこう居たりするんだが、俺自身はまだまだ弱い。

 

朝から軽トラック一杯に粗大ごみやら着ない服、池の工事で出てきた塩ビパイプなどをパンパンに詰め込んでクリーンセンターへ。

ゴミを運びながら、「こんなに何回も捨てに行ってるのに、全然キレイにならない・・・。俺は本当にダメな奴なんだな・・・」と、いつものように甘えた事を考えていたのだが、いや待てよ。いかんいかん。

少なくとも「軽トラック一杯分はキレイになってる」はずなんだ、とにかく俺は自分を責めたりするこの「思考のクセ」を改善せねばならん。

 

ランチの終わり頃。カウンターでは常連様が「ワタシもしょっちゅう嫌な事あるんですけど、でもつい笑っちゃうんですよね〜」とおっしゃっていたが、俺もそうなりたいもんだ。

 

学校から帰ってきた三女が「山がキレイになっている」というので、カミサンも連れて一緒に見に行った。

家からクルマで3分。北海道には遠く及ばないが、我々も自然の豊かなところに暮らさせてもらっているんだな。久しぶりに来たが、悪くはない。

 

渓谷の下まで降りてみて、川を散歩した。

写真慣れしている親子。ものすごくデカい蟹がいて、これは長女と次女にも見せてやりたいと思ったが、下手に持ったら指を持っていかれそうなほどのデカい蟹だったのでビビって捕まえられず。

 

カミサンと三女はキレイな石を探して拾っていた。色を塗って庭に置いたら楽しい庭になるはずだと言う。

 

夕方、帰ってきてからまた池の工事。これでももう雨水は溜まらないはず。

こんな風にランチと夜営業の合間には少々リフレッシュできた。

 

しかし夜もあまりイイことがなかった。こんな日は『エクスペンタブルズ2』観て寝るに限るな、あれは底抜けにイイからな。


 - 未分類