人間ドック、問題なし!

   

2019年9月24日(火)

明日は休みだからと、夜中ずっと本が読めた。10年ほど前に初めて読んだ本だが、「あぁ、俺のあの考え方は、この本からも由来してるのか」と再確認。俺の宗教観、もっといえば「神っているの?」に対する明確な回答をいただけた本。

著者は息子を亡くしたラビ(ユダヤ教のお坊さんみたいなもん)。「なんにも悪いことしてない人に不幸が来るってどういう事?」という問いに向き合い続けた宗教指導者。

少し前に精神的に相当参っていた時に図書館で予約したのだが、そういう時を抜けてから読んで正解だったかもしれん。冷静に読み直しする事ができた。

かつての俺の読書記録ノートには「A」のランク付けがしてあるが、今読み返しても同じように思う。「神様は居るには居るが、○○○○だ」と、俺も一応この本から受けた持論がある。いつか我が家の三姉妹から訊かれたときには、まだ俺が生きている間なら伝えたいなという思いがあるが、なんなら俺が死んだ時の方がイイかもしれん。

 

朝、カミサンは人間ドック。俺は片付けしたり、クロと遊んだり。最近は撫でられる喜びを知ったらしく、すぐ腹を見せてくる。

 

カミサン、昼には戻ってきてそれから一緒に仕入れに広島に向かった。いちおう何の問題も無かったらしい、これで二人共安心してお仕事頑張れます。

ランチはカミサンが行きたかった広島の台湾料理屋さんへ。美味かった!小皿で何種類も飲茶が出てきて、二人共に大満足だった。

 

そしていよいよ長女にもスマホを持たせようかという流れが来ており、ビックカメラにも寄ってみた。

まぁ中学生や高校生がいきなりハイスペックなマシンを持つ必要は無い。むしろ「もっとイイ機能のスマホが使いたいなぁ」くらいの負荷をかけてやった方が、ITへの知的好奇心も高まるのではないかという考えのもと、そして「ちょっと試してみたい」という理由で、我が家にも初めて「格安スマホ」を導入することにした。

 

売り場の営業マンに色々と相談するのだが、「なるほど。ネットで買って、ネットで契約した方がイイわけね」と分かった。リアル家電量販店はもはやモデルルーム、売上あげてもテナント料でもっていかれる事を考えたら、そりゃあ本部はそういうビジネスモデルを選ぶわな。現場はたまったもんじゃないだろうけど。

というわけで、カミサンがipadでレースゲームをするだけのビックカメラ見学だった。上手いね・・・。カミサン1位だったけど、さすが毎晩スマホゲーム楽しんでるだけの事はあるな。

 

スーパーやコストコで仕入れして帰宅。やっぱ、仕入れは平日に限るなぁ〜。


 - 未分類