パーフェクト。

   

2019年5月11日(土)

6時起床。次女を起こして朝食を食べさせ、バレーボールの試合に送っていった。お弁当にはおにぎりを持たせた。

 

お店の掃除をしてからコロと田んぼの周りを散歩。水量が減っていたので水路を調整した。これを丁寧にやらんと雑草が生えてくる、理由はわからん。

帰ってからも時間があったので、netflixで映画『ロマンティックじゃない?』の続きを視聴。カミサンと一緒に観ようと思って起こしに行ったが、カミサンのベッドには長女が寝ており、長女のベッドにはカミサンが寝ていた。

お互いがお互いを起こそうとして力尽きたらしい。

そっと寝かしておいて一人で鑑賞。爆笑!従来の「ラブコメ映画」をトコトン否定し、ナナメの角度から「そんなんやめて、自然体で生きればイイんじゃないか?」と訴えかけてくる。

 

ラブコメの主人公が「太った女性」というのも、素晴らしい。

最近netflixの映画もよくみるのだが、netflix映画には共通点を感じる。それは「新しい価値観の提案」と「多様性への寛容」だ。映画だけではなく、netflix制作のドラマも然りだが、観ているとドンドンと時代が移ろいでいるのがよくわかる。

昭和の終わりから平成の間に生まれた有名文学やヒット音楽には、良くも悪くも「ノスタルジー」や「変化への抵抗」を感じるものが多くあった。しかしnetflixにある「過去」という存在は、徹底的に「破壊すべきモノ」として扱われる。

どちらがイイという事はないだろうが、netflixは「なるほど、こういう視点もあるのだな」と自分に新しいモノの見方を与えてくれている。俺も常にアップデートせねばな。

 

ランチ、忙しくは無かったがお客様は途切れること無く。カミサンと二人でやるにはベストの流れだった。

筋トレしたり本を呼んだりしてから、今日は天気もイイし洗車する事にした。とはいえそんなに時間はないから、サッサとやらねばならん。

なのに三女に見つかってしまう。「ぱぁぱ〜!ワタシにやらせてよぉ〜!」んも〜、時間が無いんだってば。

 

しかし、「洗車する」のと「子供と遊ぶ」のはどちらが大切な事なんだろうか。

言わずもがな、である。非常に楽しそうにしてくれた。車がキレイになるのも嬉しいが、こちらも大いなる喜びだ。三女はビッチャビチャにはなってしまったが。

 

夜、三姉妹たちはホットプレート出してきて「おうち焼き肉」。イイね〜。

 

娘の朝食とお弁当を作り、コロと散歩して、映画観て、筋トレして本読んで、三女と遊ぶ。今日はまったく充実した一日だった。県内イチ幸せな喫茶店のマスターだったと思う。パーフェクト。


 - 未分類