見てろよ

   

 

「あんな事する人とは思わなかった」「ココロを入れ替えてやりなおしてほしい」、・・・ふん、アホか。

「自分なら絶対にするわけない」と言わんばかりの「常識人」どもが。

 

人間はみな一寸先は闇。誰もが綱渡りの上で生活しているという事にも知らんふりしながら、お前だって少しずつ足を踏み外しているというのに。

まぁ、そのまま行けよ。高みの見物決めてたつもりが、実は引き返せない所にいると気づくまで。

 

2019年3月13日(水)

昨夜はキツかった。連日の寝不足、ちょっと「麻痺」させなきゃ片付けも仕込みも出来ない。

が、なんとか耐えた。切り抜けた。ギリギリの綱渡りだったが、これでなんとか3連勝。

 

朝イチ。sukimonoさんに来てもらって、今年の補修などの相談。やるとなったら結構な投資だ。明るい未来か、無謀な挑戦か。どちらにせよ、この時間はとても楽しい。

ランチ終わった頃にようやく気も晴れてきた。

 

三女と一緒にカミサンの散髪見学に行った。「だいちゃんに切ってもらっているのよぉ〜」のポーズ。

 

夜、ふとteststeroneの本を開く。なんだ、ただの真理か。

 

営業終了。今日もなんとか生き残ったぞ。こんな日だけは飲んではいけない。早く寝るにかぎる。

 

しかし片付け中、S社長とkズマさんの酔っぱらいコンビがやってきた。当然店は閉まっているのだが、「マ〜スタ〜、もうカウンターでタバコ吸ってもイイでしょ〜〜〜」

殺意っていうのかな、なにか冷たいものが背中に走った。静脈じゃなくて良かったよ。

 

なんという滑稽な仕事だ、でも絶対に抜け出してやる。いつまでもこんなマナーもダンディズムも無い奴らの相手しなきゃ稼げないはずはない。

 

明るい未来が来るまでは、副流煙とゼニを引き換えにしておいてやる。見てろよ。


 - 未分類