ライト、ついてますか

   

2018年11月19日(月)

昨日購入したトナカイ(¥300)をキッズルームの壁に飾り付ける。この小ささが良い。主張せず、それでいて存在感はあるという最高のあり方。

 

今日は妹のお友達がお店に来てくれた、妹が大変お世話になっております。お土産までいただいて、どうもありがとうございました。

 

それにしても今日はめちゃんこヒマだった。昨日の「イクラ8貫分」を稼がねばならんというのに、いや、そういう邪なココロこそがお客様を遠ざけてしまったのか。

15年くらい前に読んだ『ライト、ついてますか』を再読。俺の読書ログによると、当時の感想では「C」を付けている。(まぁ、読みづらいのはたしかに。翻訳者がけっこう個性出して来てるんだよな〜)

 

例えば今日なら「売上が悪い」というのが我々にとっては「問題」であるつもりなのだが、この本は「問題解決」ではなくて、「問題発見」についての考察本。本当の問題って、「売上が悪い」という事なのかもう一度考えてみましょうか?という本だ。

人間はみな都合のイイようにすり替える。本当の問題は別にあるのにもかかわらず、「売上が悪いのが問題」と悩む方がラクなのだ。真実に目を向けるのは辛いもんな。

読むうちに「あ〜、これにCつけてるんだから神戸の店もつぶれるワケよ・・・」とグサリと刺さった。暫くの間、しがむ様にゆっくり読もうと思う。

 

夜、三女とお風呂。スカート至上主義、絶対にズボンは履かない三女だが、昨日俺とお揃いでズボンを買ったので、本日は小学校に入学以来初の「ズボン登校」だった。どうだったの?

「ズボンね、暖かいからパパも履いたらイイと思うよ」だって。なんでもイイわ、履いてくれたら。だってそろそろ雪が降るからな。


 - 未分類