子は宝

   

2018年11月7日(水)

夜、三女は熱が出て大喜び。「ぱぁぱ〜!お熱だから明日学校おやすみしてもイイでしょおぉ〜!」むちゃくちゃ張り切って「こどもチャレンジ」に取り組む三女。いろいろな矛盾があるが、しかし人生とはそういうモノなのであろう。むしろ勉強になるわ。

 

ただ、病院には行かねばならんぞと朝になってから診察に行った。毎朝毎朝「お腹が痛いから学校に行きたくない!」と言っておりますと先生に伝え、せっかくだからとお腹に聴診器当ててもらったところ「あ、これは本当に痛かったんだと思いますよ」との診断が。え?そうだったのか?「ズル休みじゃないのよぉ〜〜〜!」ごめんごめん。

 

今日は次女は邑智郡小学校対抗バスケットボール大会。ランチ前に5分だけ観に行った。メチャクチャたくさんの父兄が観に来ている。

考えてみれば過疎地の村なんてドコもこんな感じかも知れんな。ガンガン人口が減っていくなか、「子供」というのは数少ないエンターテイメントであり未来そのもの。「仕事なんて子供育てるために頑張ってるだけ」って愚痴みたいな笑い話みたいな話も聞くけれど、田舎には「リアル種の保存」なSF世界がある。

だからか、どちら様も共働きのご家庭のはずだが、みんな休みが取れるもんなんだな・・・。休みたい時に休めるのは当然なのかもしれないが、いまだにこのSF世界には慣れない。とはいえ、俺もその風景の一部なわけだが。

 

ランチ久しぶりに目標達成、ありがとうございました。勝因は不明。

こちらも久しぶり、ジム。上半身は今までの貯金が多少残ってくれていたが、それでもベンチは20kg減。下半身にいたってはボロボロで、帰ったら階段の上がり降りもままならんかった。こんなことでは年末の腕相撲大会が思いやられる。

 

夜、三女の熱は38℃を越えてきていよいよ本当にしんどそう。夜の営業も久しぶりに忙しく、こんな日はいつもオフクロが世話をしてくれるのだがオフクロも武道館公演を控えて絶対に風邪なんてひいていられない。というわけでグッタリしてるのに誰もかまってもらえない三女。この町は子供のためならお仕事も休むらしいが、ウチは適応外だな。

 

さて三姉妹は全員羅漢した、つまり次は我々夫婦の番か。ふたりとも気合で逃げ切るつもりだが、だいたいこういう時に俺が弱いのよね。さぁどうなる。

今夜はアルコール消毒してさっさと寝ようと思っていたらS社長が来た。


 - 未分類