乗り切った、といえるのか。

   

2018年11月3日(土)

早く起きて、仕込みや掃除。

全部終わらせて本を読んだり映画を観たり。ジム・ジャームッシュ監督の『パターソン』。20代までは大好きで、30歳を越えてからは嫌いになってしまったという俺の愛憎入り交じる監督ジム・ジャームッシュ。

41歳現在で思うのは、「別になにも」。この映画を好きでもキライでもない、ついに俺の感性も死んだか。

 

仕入れついでに川本町であるお祭りを見に行った。SUPがみえる。しかし3分も居れなかった。

 

仕事終わり、日本シリーズに間に合った。

 

今年もダメなら床に突っ伏して手足バタバタさせて泣き叫ぶくらい悔しいかと思っていたけれど、やっぱり感性が死んでいるのか、何も思わなかった。おかしいな。

 

 

 


 - 未分類