同窓会が終わらない夏2018

   

2018年8月16日(木)

さぁ、鈍ったカラダとココロを叩き直そう。今日から「あけましておめでとう」くらいの気持ちでがんばるぞ!!!

カミサンからも「マスター。去年は今日この日から群発頭痛始まっているんだから、気をつけてよ」と引き締められた。どう気をつけたらイイかわからんが、お薬は常備しておきます。

 

仕入れから帰ると、すでに駐車場にはおクルマ。急いで対応しようと思っていると、高校の同級生のレコ。なんだよ!来るなら一言連絡してくれって言ってるじゃん!

美味そうなお菓子をお土産に持って、わざわざご家族で広島からランチに来てくれた。ありがとう。

美しい奥様と賢そうなお嬢さん。「出来ない話しか無いなぁ〜」とアイコンタクトを取っていると、同じく「パパママお嬢さん」というご家族連れ様がご来店。ってコイツも高校の同級生のマサヤじゃないか!なんで一言言えないの、お前らは!そのスマホはいったいなんのためだ!?

 

正直、シラフで会うのは高校卒業以来一回もないので、こういう時(保護者同伴時)にせねばならん話がたくさんあるのだが、「ま、今度の『同窓会の反省会』で話そう」、でみんなとお別れ。たぶんこれでまた「大丈夫大丈夫〜、ど〜にでもなるわ〜」になってしまうんだろう。

 

大雨で客足も疎らだったが、なんとか最終的には満席御礼。ありがとうございました。

夜も、全席埋まり一安心。今日もアルバイトのMちゃんが来てくれて大助かりだった。「ほんと、ずっと居てほしい」とカミサンは言うが、100%同意である。

 

今夜はアルコールを飲まない。というかまだどうせ体内に残っているだろうアルコールを、むしろ全て絞りだしてやろうとトレーニング。

しかし、どこでやっても邪魔しにくる三女と姪っ子。「パパが心配なのよぉ〜」俺はお前らの夏休みの宿題が心配なのだが。絶対泣く事になるんだから。

 

なんとか邪魔を振り切りトレーニング終了。今日はDVD観ながら早く寝よう。


 - 未分類