悩んでんのよ・・・

   

2018年8月7日(火)

間違いなく今が人生で最もアルコールを摂取している。こりゃあマズイぞ・・・。

今朝も酔っ払ってリビングでひっくり返っている俺の横で、長女は朝食を摂りバレーボールの練習試合に出掛けた(らしい)。

 

永らく「世間は俺を嫌っている」という被害妄想に取り憑かれており、それは自分でも「過剰な思い込み」であるとはわかっているのだが、気を抜くとすぐにその悪魔に脳内を占領されてしまう。「お前は最低な人間だ」というアラームで目覚め、「ほら、やっぱりそうだろう」と思いながら眠る。実際に長女に醜態をさらしているし。

 

死んだじいちゃんが「みんながワシをバカにする」と一人で勝手に憤り、毎晩酒を飲み酔っぱらい、そして本当に周囲の人々から嫌われていったのを見ていたが、あんな風にはならないと誓ったはずなのに。

いや正直に言うと「もしかしたら俺もあんな風になるんじゃないか」と自分の将来に怯えていた。そして今、実際になりつつある。

カミサンとの夫婦喧嘩も、もう俺が支離滅裂になってしまい一つも建設的な所がない。おかしいな、本当に俺はいったいどうなってしまうのか。

 

多少思うところもある。今、ある2つの問題を抱えており、それさえ終わらせてしまえばこのイライラした精神状態から抜け出せるはずなんだ。でもどうすればその問題を解決出来るのか。

「予約されていた本が届きました」とメールが来て、夕方、図書館に本を借りに。え〜、本当かなぁ〜?

色々な悩みに対しての処方箋のようなものを、偉大な哲学者の残した思想から解決の糸口を提案してくれる本。カンタン哲学入門書。

 

一時期「仏教」についての本を読み漁った。が、結局のところ「世の中はろくな事がない。俺は悟りを開いたから余裕だけどね」みたいなたどり着き方に、「けっこうイヤなヤツだな、ブッダって」という感情が生まれただけだった。

さて、俺の悩みに近いのは・・・、これくらいか。「夫婦喧嘩について」とか「家族が許せない」とかもあったけど、ひとまずここから読む。

で書いてあったのは「それが人生です」って・・・み、身も蓋も無い!「そんなもんです」って、そりゃあ無ぇよ!

 

でも、まぁそうなんかな笑。偉い人が悩んで悩んで到着したのが「それが人生」ってんだから、そうなんだろう笑&涙。

 

と、このような25の質問に、アリストテレスやらニーチェやらショーペンハウアーという知の巨人達が答えてくれるお気楽哲学書。バカバカしくて、非常に良い。とにかく、俺の悩みというのも全然特別なモノではなくて、みんなそれくらいの事は一様に悩んでおるというのがわかって良かった。それに、以前はよくわからなかったキーネーシスとエネルゲイアについて腑に落ちたのは大きな喜びだ。

じいちゃんの様に専用施設の施錠された病室に隔離されるのはゴメンだし、カミサンとの夫婦喧嘩ももうおしまい。

スマホのアラームを『100%勇気』に変えておいた、これで元気に起きれるだろう(ただしジャニーズのじゃなくてマキシマムザホルモンのな)。


 - 未分類