ボンネット、fire stick

   

2018年3月14日(水)

営業おわって深夜24時。学校を休んだ次女と俺の「発熱二人組」は下のリビングで隔離されて寝る事になった。が、カミサンの目を逃れたのをイイ事に、二人で思う存分「お笑い番組」を観てやった。

ザッピングしていると偶然、六角精児さんがそろそろ廃線になる我らが「三江線」に乗りに来たという番組をやっていた。二人でしばらく邑智郡の景色を眺めた。住んでる地域の線路が無くなるっていうのは、いったいどういう事なんだろうか。4月にならないとわからない。

2時くらいまでたくさんお笑いを見れた。幸せだった。

 

朝、クルマ屋さんのジュンが修理の終わったオフクロのクルマを持って来てくれた。「あのぉ〜、もっと直した方がイイ所があるんですけど・・・」、そうだ、ボンネットが凹んでいるんだ。

屋根からオチてきた雪でボンネットが凹んでしまったのだが、別に運転には差し支えない。直さんでもイイだろ・・・と思っていたら、そこにオフクロがやって来た。「そうなのよぉ〜、落ちてきた雪でへこんだのよぉ〜」とジュンに訴える。どうやら直して欲しいようだが、費用は俺持ちみたいだ。

それから、この凹みを2月の大雪での被害だと思っているようだが、実際は去年の雪ずりで出来たモノ。つまりオフクロは1年この凹みに気付かないで運転していたわけで、そんなもん余計に直さんでもエエやろ。「え〜、直したい〜〜〜」、三女はここに似たんだな。間違いない。

 

夜、カミサンと大喧嘩しながら大忙しの営業。Iさんご家族が来てくれて、小学生の娘さんが帰り際「ありがとうございました〜、さよなら〜」と言って帰っていった。が、すぐに帰ってきて「そうだそうだ、お料理全部美味しかったです!ごちそうさまでした〜」だって。レジでカミサンとその言葉を聞いていたのだが、おかげさまで即刻和解できました。

 

そういえば昨晩次女と「これ買ってみるか」と話したヤツが届いた。島根の田舎でも、自社のはすぐに届くんだな。これで映画ライフがまたはかどるわ。睡眠時間は減りそうだけど。


 - 未分類