12(月)の夜は貸切営業です

   

2018年3月10日(土)

背中、治ってきた。これからは筋トレとストレッチ、両方しっかりがんばります。

今日は地元の中学校の卒業式だったらしい。ランチの終わり際には、卒業生やその父兄さんがたくさん来てくれた。おめでとうございます。

 

友達のアツシも奥様と赤ちゃんと一緒に来てくれた。抱っこさせてもらったが、赤ちゃんとはいえ男の子、ずっしりと重たい。イイね、大きくなれよ。しばらく抱っこしていると、俺の抱っこで眠ってくれた。

 

夜、大忙し風。まあ3月だ、このくらい忙しくなければならん。ただ、せっかく来てもらったのに入店出来なかったお客様、大変申し訳ございませんでした。普段はこんな事ないんですが・・・。

 

それにしてもお客様がいっぱいのお店を眺めるのは嬉しいもんだ、「喜んでもらえる店が作れたのかもな」と安心する。

そんな風に俺が感傷に浸ってる間もキッチンは大パニック。今夜は長女と次女がずっとお手伝いをしてくれた。長女の方が戦力にはなるのだが、「ワタシがとおりみちを継ぐ!」と宣言した三代目(次女)がレギュラーエプロンを着用している。

そして今夜、その「継ぐ!」と宣言した次女がついに「接客」デビュー。お隣に住むMちゃんがお客様として来てくれたので、ここぞとばかりに練習台になってもらった。よっしゃ、いっちょオーダー取って来い!

 

結論から言うと、次女一人ではオーダー取りには行けなくて俺と一緒にテーブルにむかい、ご注文は俺がうけたまわった。次女は緊張しちゃって一言も喋れず、俺の横で「モッツァレラ」と伝票に書くのが精一杯だった。「吐きそうなくらい緊張した〜」と言っていたが、少し自信がついたようで清々しい表情。あと何十年かしたら「あの時パパにオーダー取りに行かされて〜」と話してくれる日が来るのかな。奇しくもキッチンでは長女が初めての「ブルーチーズ試食」。こちらも「吐きそう・・・」なんだって。

なかなか忙しい日だったけど、家族みんなで乗り越えました。まだまだお客様いるんだけれど、みんなには先に休んでもらった。

 

2018年3月11日(日)

おい〜、ワダコウジよ〜。もう俺眠たいわ〜、帰ってくれ〜〜〜。25時だぞ〜〜〜。やはり深夜の営業はもう無理だ。眠い。

 

片付けは終わらなかった。あとは朝がんばろう・・・。

 

2018年3月11日(日)
普通どおりに起きて片付け、掃除、仕込み、セッティング。今日は日曜日で定休日なのだが、次女の所属するバレーボールクラブの卒団式の予約が入っている。

 

そのクラブで親子バレーボールがあったのだが、そこは欠席させてもらった。「マスターも試合に出てよ」と言われたが、だったら誰が宴会の準備をするというのか。一切の休憩無し。目が覚めたその時からずっと仕事してるのよ、お休みの日に。6年生に送る「寄せ書き」もウチの仕事になってるし・・・。

 

しかし子供にも親にも喜んでもらえたように思う。親の方はさておき、キッズ達が満足してくれたのならば本望。疲れもイライラも吹っ飛ぶわ。

 

それにしてもなんでこんなにイライラしてるのか・・・?そうか、睡眠不足か。ワダコウジめ、あの野郎〜(ま、実際は仲良しだからココに文句も書けるんだけど)。

 

俺もカミサンも朝から晩まで仕事の日曜日であったが、実は長女もずっと一緒に手伝ってくれていた。「継ぐ!」みたいな派手な事は言わないが、いつもいつもサポートしてくれる長女。大感謝だよ、ありがとう。助かってるよ。


 - 未分類