カーテン

   

2018年1月4日(木)

明日からの営業に備え、去年出た粗大ごみ等などを隣の川本町クリーンセンターへ運ぶ。

ウチから15分ほどの場所にあるのだが、要らないものは片っ端処分してくれる。そしてとても安価なのでとても助かる。島根に帰ってから、もう10数回とは言わないほど、軽トラックいっぱいのゴミを運ばせてもらった。

なのに、どうして我が家はキレイにならないのか。しかし毎回、行き帰りでカミサンと今年の営業についてのミーティング(ただの「こうなったらイイよね〜」みたいなお話してるだけ)が出来るので、これはけっこう大切な時間だと思う。もっと行く回数を増やしてもイイくらい。

 

帰り、親戚の家に寄って新年のご挨拶。明日からの営業用の仕入れでスーパーに寄ってみたが、この時期あまりモノが無いなぁ・・・。道の駅にも寄ってみたのだが、そのレジでは店員さんがお客様に「もうちょっと行くと『とおりみち』ってお店がありますよ」と説明されていた。なぜだろう、「いや、今日までお休みらしいですよ」とまるで他人のフリして言ってしまった。道の駅のスタッフさんは働いているのに、こっちはまだ休んでいるという罪悪感だろうか。

「出来ないことを出来る」と言ってしまう嘘。そこからは逃れられたのだが、まだまだ正直さが足らんね。新年早々に。

 

帰ってから、日曜大工で最も苦手な「カーテンレールの取替え作業」。そんな作業滅多に無いでしょ?とお思いだろうが、カミサンは「カーテン原理主義者」である。年に2箇所はカーテンかブラインドが増える。

 

高い所にはしごをかけての不安定な作業。レールと天井との隙間も無いから電動ドリルも使えない。せっかく取り付けても、カーテンの重量ですぐにネジが外れる。

そしてイチバン辛いのが、取り付け終わってからの「やっぱ、もうちょい下(もしくは上)」。

 

しかし今回はそれが無し!取り付ける時、レールを取り付けるL字のアイアンを買い間違えていた事が判明し、既存のモノを使用する事になった!やったぜ!

「L字の箱、全部開けちゃったの?返品出来ないじゃない!」と言われたが、イイよイイよ!このままでいかせてよ!頼むよ!

 

残念そうなカミサンと、ガレージの大掃除兼模様替えをしているともう暗くなってしまった。誰が悪いワケでもない。早起き出来ない人と、お昼寝しちゃった人がいただけだ。今日はお互いよく頑張ったってば。

 

写真の奥の左側がキッチンの勝手口なのだが、カミサンから「あそこにカーテンをすればもっと良くなるのよね」と言われた時には、正直震えが来た。

夜、みんながリビングに上がってから仕込み。明日からまた1年がんばるぞ。


 - 未分類