俺は治ってきたが

   

2017年12月26日(火)

次女を除く一家全員がインフルエンザという最悪のクリスマス〜年末が決定的になったわけだが、とりわけひどいのがカミサンと三女。

三女は、
・咳が止まらない
・だから眠れない
・よって完治しない
・そのストレスでカミサンにべったり

カミサンは、
・三女がぐずるので寝れない
・家事などが出来ない
・心労と疲労が重なる
・治らない

という負のループ。まずはカミサンを三女と引き離し回復させてやれれば、三女の看病にも全力で当たれるかもしれんが、それを三女が許してくれるわけもない。

 

これはまだまだ長引くか・・・、と思っていた所でついに次女が発熱。40℃越えてしまい、これは間違いないと病院へ。

年賀状用の写真を撮っていたときには元気だったのに。

撮った写真で年賀状作り。なぜこの毎年毎年最も忙しい時期にこのような風習があるのか。回復しつつある長女と俺で、ずいぶん長い間PCとプリンターで苦戦しながら作業。

 

夜、結局三女とカミサンは「よけい悪化してきてないか?」くらいの不調っぷりで就寝。

俺も年賀状の仕上げしていたら、そのまま寝てしまっていた。

 

2017年12月27日(水)

5時半には目が覚めた。一寝してちょっと冷静になり、あまりにおふざけが過ぎていたお店の年賀状をまるごとやり直し。そうしていると、次女が起きてきた。

熱はまだ40℃ある。けれども寝ているにも限界があるようで、もう何度目かわからないM-1をまた観始めた。なんでもイイ、熱の苦しさから逃れられるのなら。

 

しかし、その40℃の熱のある次女よりもカミサンの方が更に不調・・・。貧血の感じもあるようだがそりゃあそうだろう、何にも食べていない。

「ちょっと交代して・・・」と言われ、ごまかしごまかし三女の面倒を見ていたが、三女はやはりカミサンと一緒にいたい。別に俺のことが嫌いというわけではなさそうだけれど、とにかくカミサンと一緒に居なければならんという。はぁ〜〜〜。

 

夜、ようやく少しだけ動けるようになったカミサンだが、元気がないのか不機嫌なのかわからない。とりあえず、俺の作った年賀状は気に入らんようだった。


 - 未分類