ゆる

   

2017年11月21日(火)

5番テーブル。そのお席のお客様から「可愛らしいお店ですね」とお褒めのお言葉をちょうだいする。

「お料理も美味しいし、お皿もステキなのばかりでした」。あ、それはそれはありがとうございます。そんな風に言っていただけるのは、店主冥利に尽きます。

 

が、鏡に映ったワタシ。5番テーブルの横には鏡があるのだが、そこに映る「俺」がちょっと違和感、いやだいぶ違和感・・・。

可愛らしい、ファミリー向けの喫茶店のホールスタッフが「ヒゲ、タレ目、髪の毛全然切ってない、胸板」。俺が現場に出るのは、もうそろそろ限界かもしれんな。

 

大阪の友達が、大量にトレーニングウェアを送ってくれた。

アンダーアーマーのコンプレッションシャツとパンツ、他にもTシャツやら短パンやら。こういうのってお高いんじゃないの・・・?「コンプレッションシャツは腰痛予防にもイイから」とメッセージもくれたが、俺はイイから自分のカラダを心配してくれよ。

 

「黄色の上下だから、ブルース・リーみたいにもなれるよ!」と言うので、早速もらったヤツを着れるだけ着てトレーニングだ。暑いけどがんばるぞ!しかしこのカラーリング、ブルース・リーというより「ふなっしー」・・・?

 

そうか、ゆるキャラか。ゆるキャラが店におったらお子様も喜びそうだし、ウチの店のゆるキャラ的なものを目指せばイイのか。そうすれば、俺がお店に居ても違和感は減るかもしれん。

今のところ思いつくの俺の特性といえば「ハイボールがぶ飲み老眼おじさん」くらいだが、それなら全国的にもカブるゆるキャラも居無さそうで丁度イイ。

あとはキッズ人気をどうするか。

 

夕方、カミサンと保育園。来週のお楽しみ会の余興で使う音響設備の下調べに。

お迎えに来ていた三女の同級生、Uちゃんママから「なんか、カラダ大きくなって来てません・・・?」と聞かれたが、すぐさまカミサンから「言っちゃダメなんです!調子に乗るから!」と釘を刺された。調子になんか乗るワケねーだろ、たった120kgしか挙げれてないのに。

 

最近は保育園に入ると、園児の行列が出来る。みんな俺のアルゼンチンバックブリーカーやジャイアントスイング待ち。トレーニング後でヘトヘトだが、園児くらいならなんとか回せる。しかし、回しても回しても列が終わらない。きっつーい。

 

まてよ、キッズ人気はすでにあるじゃないか。これって俺やっぱりゆるキャラの素質があるって事・・・?

ハイボールがぶ飲み老眼おじさん、さっそく商標登録しなくっちゃだわ!!!


 - 未分類