ハングリー精神の欠如

   

2017年11月7日(火)

お店のキッチン奥に作ったミニリビングが徐々に使いやすくなっており、ブルーレイレコーダーも置いたのでちょっと空いた時間でも映画を観れるようになった。

 

ここしばらく、毎日映画観ながらリビングで寝ちゃってる。昨夜は『ケンとカズ』。貧困から一発逆転を狙いたいという気持ちは痛いほど分かるが、やっぱりそれは無理なんだよ・・・。若さゆえの過ちは更生の機会を与えるべきとは思うが、それよりも、前の段階で大人が救ってやれる社会にしたいと思う。

『息もできない』と比較している人もいるが、イヤそれは言い過ぎ、無理がある。あれは涙が止まらんかったもの。

 

しかし、気を抜くとすぐに三女に場所を奪われる。パパの一人の居場所も欲しいけど、一緒にいてくれる方が楽しいわ。パパもディズニー好きだしね。

 

今日はランチ後にジムにも行けた。映画を観てジムにも行って、幸せな毎日だと自覚しております。しかし、そういうヌルい暮らしのせいか、筋肉は全然成長せん。回数も姿勢も栄養も、全てが不足しているんだろう。くっそ〜、しかし最も足りていないのはハングリー精神か〜。

 

カミサンが「今日は鍋を作って」というので、仰せのままに。牡蠣、豚肉、海老。ちゃんこ鍋をたらふく食って、プロテインも摂取した。

 

寝ながら『日本で一番悪い奴ら』観よう。まーた瀧が出てる!瀧、ヤクザ役(これは悪徳警官ね)ばっかりだなぁ〜。『アウトレイジ最終章』も早く観たい。

 




 - 未分類