次女、説教を喰らうの巻

   

2017年10月19日(木)

新しいメニューに変更するに伴って購入した新しいお皿達が届いた。少しずつ可愛らしいお皿が増えてきた。料理はお皿で全然変わってくるから大事、ここは投資ポイントと決めている。

 

夕方、本来なら児童クラブからバレーボールの練習に行く次女を強制送還。久しぶりに恐いパパが出た。大声をあげたりはしないが、「今日はバレーボール行かんでよろしい」。

バレーボールの日は、道具の入ったバッグとおむすびを児童クラブに持っていってやるのだが、次女がそのバレーボールのバッグの準備が出来ない。いつも俺かカミサンがシャツ、短パン、シューズなどを揃えてやって持っていく。

もう4年生だし、自分の好きな事の準備くらい自分でするように伝えたのだが、ここ何回か連続で忘れており、今日はそれならもうバレーボールはせんでよい、となった。

 

三女からは「ゆるキャラ」くらいにしか思われていない俺だが、長女と次女からは「恐いパパ」らしい。次女は今にも零れそうな涙をこらえ、「パパ、ごめんなさい。バレーボール行かせて下さい・・・」。

 

家族の中でお互いの「将来の夢」みたいなモノを語り合うのが、唯一この次女。次女は俺の目標も知っているし、俺も次女がバレーボールの選手になりたいと思っているのを知っている。

「バレーボールの選手が、お父さんやお母さんに道具の準備をしてもらっていると思うのか?宿題をめんどくさいと放り投げてしまうのはまだわかる。でも、大好きなものには、もっと真剣に取り組みなさい」とお説教してからバレーボールの練習に送り出した。

タモリの「仕事じゃないんだぞ!遊びは真剣にやれ!」の受け売りだけど。

 

帰ってきてからもコンコンと言って聞かせる。「なぜ流れ星に祈った願いは叶うのか」「努力の前に、その目標にたどり着いた自分を具体的に想像しろ」など、自分でもこれ小学4年生に言うことか?と思いながら。

カミサンからも呆れられているのだが、なぜか次女にだけは熱いオヤジになっちゃうんだよなぁ・・・。


 - 未分類