腕時計は再来月

   

2017年9月21日(木)

ランチ終わり、急いで小学校へ次女を迎えに行く。明日の神戸での定期検診のため、次女とカミサンは神戸に向かう。

 

今日はカミサンの実家のある宝塚に泊めてもらうのだが、宝塚までの本当にちょうどいいハイウェイバスがある。そのバスに乗るため、広島の三次駅まで向かった。クルマで1時間、チョロいもんだ。

三次駅では高校時代の友達も働いているので軽くご挨拶。よっちゃん、元気そうで良かったな。

 

カミサンと次女をお見送りして、とんぼ返り。早く帰らねば長女と三女が待っている。

 

それにしても、腕時計が壊れて不便極まりない。新しいのを買おうと思うのだが、今月はコイツの購入を優先。『ガーディアンズオブギャラクシー vol.2』。

 

何度も映画館に行くチャンスを伺ったが、どうしてもタイミングが合わなかった・・・。でもイイんだ、こんなに三女が喜んでくれるんだからBlu-rayでも!「グルート、超カワイイわ〜〜〜!」。お前も相当カワイイわ。

 

山ほど語りたい事がある映画。

まずは、この映画ほどBGMを大切にしている映画も珍しいのだが、それなのになんだこの日本版タイトルは?「リミックス」?オイ、待て待て待て・・・。

vol.2でイイに決まってるだろうが!音楽用語的に「リミックス」って事は1の焼き直しって事になるじゃねぇか!「お母さんが遺してくれた『音楽』」が重要なテーマなのに、知ったかぶった音楽用語使うな!それじゃあ1は無かった事にしたいってか?たしかに1は興行成績は振るわなかったですよ?でもね、それは「日本に限っての事」なんだよ!世界中では売れまくってるっつーの!そもそも日本で売れなかったのは、そーいう日本の販売側に問題があるんだよ!そんな糞サブタイトルをつけるような側に!

と、軽く取り乱しましたが、これはまずは「サブタイトル」の時点での見解でございます。内容に関してはあと3万字は書きたいので、それはカウンターにて昇華しよう・・・。映画『ロッキー』の成り立ちからのお話になるので、S社長もビックリの長さになるかもしれんが、だってしょうがないじゃない。


 - 未分類