プレゼントってのは

   

2017年9月15日(金)

保育園の駐車場に着くとクルマを飛び出し駆けていく。「ハクト王子さまぁ〜〜〜!」今日の登園のタイミング、三女の大好きなハクト君とかぶった。

お妃様(ハクト君のお母さん)には「こんなにも好いていただいて(笑)」と感謝のお言葉をいただいたが、そんなもんで駐車場に置いてけぼりを喰らった俺のハートが癒されるはずも無いですよ。いずれ本当にそんな日が来るんだろうけど、笑い事じゃございません。

 

ランチはおヒマ、安定の金曜日。暇な時は暇なりのまかない、コロッケそば。昨日の夕食で余ったコロッケを、インスタントの冷凍蕎麦にポチャン。

「コロッケだってね、まさか『蕎麦に入れられる』なんて思ってないんですよ!ウスターソースをかけられてとか、なんならパンに挟まれてとか!コロッケにだって理想の喰われ方があるんですよ!それがまさか『蕎麦の中にズブズブと沈められる』なんて!」というのは、俺の大好きな柳家喬太郎師匠の噺。

 

先日、東京から帰って来る時にお土産のパンを広島に忘れてしまうという大失態を犯したのだが、そもそも俺は「プレゼントのセンス」というのが無い、皆無。

東京駅でお土産を物色する時も、迷ってばかりで何も決められない。一緒に歩いた友人レコはサクサクと買っていくのに俺は迷うばかり。そのうえ「コレや!」と決めたパンを忘れて帰るというね・・・。

東京駅のパンフレットを眺めている時には「長女には文房具を、次女にはアクセサリーがイイか。三女はお菓子買って来てって言っていたなぁ」なんてぼんやりながらも決めていたのだが、現場に行くとなんせ大渋滞で購入出来なかった。悔しいかったなぁ。

 

夜の営業が始まった頃、宅配便が届いた。

お洒落なハンケチ。オフクロの分まで送ってくれて、家族全員一人づつに全部で6枚。それにしても超絶お洒落な贈り物だな・・・。三女はマヌケに芋の天ぷらを咥えてるが、ハンカチのおかげでけっこうカッコいい。

 

送ってくれたのは先日東京で再会した、かつての同僚の太郎。「長女ちゃんにはコレ、次女ちゃんにはコレ・・・」とお手紙も添えてある、なんとイケてるプレゼントだろうか。次女は明日、学校の行事で親子クッキングがあるので、「コレを三角巾にする〜!」と大喜び、三女は「ぱぁぱ〜、どれがいちばんお洒落か言ってみなさいよ〜」と煽ってくるが、俺への刺繍入り黒のがいちばんカッコイイに決まってるだろう。太郎、ありがとう。

そういえば、太郎が7年前に娘達へプレゼントしてくれたセリエAのサッカーシャツは今も現役だ。太郎、カッコイイなぁ。俺の周りにはそんな「プレゼントセンスのかたまり」みたいな奴らが多いのだが、俺もそんなプレゼントできるような40代になりたいわ。

コロッケそばも、粋と言えば粋なんだけど、そういう事じゃないんだなぁ・・・。


 - 未分類