お店はお休みしていますが、憎んでも忘れないでいて。

   

2017年6月3日(土)

朝6時、山に登る。庭の池へ流れてきてくれる水が止まったのでその修理。一昨日の豪雨でぶっ壊れてしまったんだろう。

 

案の定だ。俺の作った「簡易過ぎるろ過装置」がダメになっていた。1時間ほどかけて修理完了。

 

キッチンのリフォームで出た廃品を回収に来てもらった。運び出すのはあんなに大変だったモノを、クレーンでさっさと積み込んでいく。そのあまりの壮観さを見せたくて三女を呼んできたのだが、クレーンよりも「うわ〜!アタマ真っ白!」と回収に来てくれたカズマさんの白髪に「感が動」。俺の白髪もそろそろ染めないとならんのか?

 

今日は次女の小学校の運動会、みんなで応援に行った。「ハクト王子も来てるわね・・・」。あ、そう。

 

途中、いったん店に戻って、工事の打ち合わせ。今日は塗装屋さんが来てくれた。キッズスペースなだけあって、天然素材の塗料を縫ってもらった。

 

カミサンと長女の為のUVケアグッズをピックアップして、再び運動会へ。

 

次女は我が家のスポーツ担当大臣、割り算は苦手だがかけっこは速いぜ〜。最初の種目の100m走はもちろん一等賞。「同級生の女子には負けない」と言ってはいたが、まだまだ伸びしろがありそうだな。テープを切る姿、カッコ良かったぞ。リレーも速い速い。

 

親子競技。パパとママに代わって長女が出場。昨日二人で二人三脚の練習をしていたもんね。おお!なかなか速いじゃないか!

 

運動会が終われば親は残って設備の片付け。カミサン達は先に帰ったが、主役の次女は片付けしている俺と帰った。

 

ブスっとしている次女。自分の白組が最下位、特に最後のリレーが最下位だった事が悔しいらしい。イイね、悔しい気持ちは大切だ。「じゃあどうしたら優勝できたんだよ?」と尋ねると「1年生と2年生が遅すぎるから・・・」。

 

甘い、甘すぎる。で、帰りの車中で説教スタート。だいたいお前が半周分くらいひっくり返すくらい脚が速ければイイ話じゃねぇか。そもそも何か問題点を聞かれた時、自分以外の誰かを挙げるんじゃないよ。自分をコントロールするのも難しいのに、他の人をどうのこうの言うのはカッコ悪いんだぞ。ブスっとしている暇があるんなら、もっと脚速くなれい!

 

そんな感じで次女に説教してしまった分、自分にも厳しくせねばならない。次女に説教した分、今日は100kg挙げたろうと思っていたのだがピクリとも挙がらず。いつになったら100kg上がるんじゃい!クッソ〜〜〜!

 

夜はみんなでお好み焼きしました。「美味しかった」とのお言葉頂きました。


 - 未分類