試食

   

2016年10月26日(水)

町内のコンビニ(2つしかないけれども)がフランチャイズを替え、ポプラがローソンに替わるらしい。コンビニに行けば美味しい惣菜もビールも手に入る、しかも何時でも。この町で仕事をする限り、田舎のコンビニこそ飲食店のライバルだと思っている。コンビニである程度が揃えば、家で食事してもイイもんね。そうなると飲食店に用事はない。

カミサンと新しいパスタ麺の試食。新しい業者さんが来てくれるようになって、今までよりも使える食材が増えそうで嬉しい。「新しいパスタ」とはいえ実は昔から知っているパスタ、イタリアの「DE CECCO」。俺はこのメーカーのパスタがイチバン美味いと思っていたのだがパスタにも色々種類があり、とおりみちで使いたい太さの麺がDE CECCOには無かった。それが新しい業者さんは「ウチには取り扱いがあります」と言うではないか!これでウチのパスタがもっと美味くなる!

だいたいパスタは「DE CECCO」に限る。茹で上がった麺はザラザラしていて、そのザラザラにソースが良く絡み、デュラムセモリナの香りも高い。セクシーで上品、洗練されたパスタ。BARILLAもイイが、いやDE CECCOには及ばない。これはカミサンも同意見で、だから今回DE CECCOを使えるようになる事は二人共メチャクチャに嬉しかった。

さて試食、ウチのトマトソースとたらこパスタの2種類を試した。今までのとおりみちのパスタ麺は、たまたま見つけた無名なメーカーのパスタ1.9mm。これもけっこう美味いのだが、さぁどうなるか。

判定・・・、「いままでの麺でいく!」

DE CECCO、イタリアンなら使うべきだろう。カフェでも使った方がイイかもしれん。しかし「喫茶店のスパゲッティ」としてみるとどうか?洗練された上品なパスタもイイが、やはり「素朴さ」は喫茶店のスパゲッティに欠かすことは出来ない。

カミサンと俺はイタリアの香り高い上品なパスタより、「モッチモチしてて、このスパゲッティ美味いな〜」を徹底しようと決めたのでした。


 - 未分類